みなさんは先進医療についてどう思われていますか?私はこの病気になる前は漠然と「先進っていうぐらいだからスゴイ技術の治療なんだ!治らない病気も治るようになる」と捉えていまいた。しかし現実は違いました。脳外科の先生方は口をそろえて「新しい技術であることは確かだが、それが有効かどうかはまだ完全には示されていない。ゆうちゃんの腫瘍に効く治療かどうかわからない治療方法なんだ」と言われました。つまり、新しい技術であるのは確かだけど悪性グリオーマに効くかどうかはわからない一種の「ギャンブル」であ, 『未承認』だけど『保険適応』っていうのが、よく分からなくて。何を希望する要望書だったのかな…と。以下、ダラダラと、ただの備忘録です。未承認の薬を使う場合に考えられるのは、治験=薬代は製薬会社負担が多い先進医療=自己負担患者申出療養=自己負担自由診療=自己負担だよな…と思うので。今回の要望はこれなのかな?と思うのは、『公知申請に係る事前評価が終了した医薬品』公知申請とは、①海外では認められているけれども、日本では承認されていないもの②日本でも承認されているけれども、効能・, こんぱんは、みすたけです。いつものように炊飯器セットしました。妻の尿とりパッドも厚めのものに変更したので、後は寝るだけなんですけど、やっぱりいろいろ考え事。新しい治療がどんどん保険適応となりつつあり、グリオーマの治療にも一石を投じそうでとても期待したいですね!と同時に、この新しい治療法が保険適応されても、実際に妻に利用できるのかとても気になりますね。専門的なことは素人の僕が考えても仕方ないので、最終的には医師の判断になりますが、グリオマトーシスセレブリという大脳全体に腫瘍が浸潤していく, 頭頸部がんでは、承認され、保険適応になり、すでに治療に使われはじめているBNCT(→☆)神経膠腫についても、そろそろ申請かな…なかなかプレスリリースが出ないな…と思っていたところ、、再発悪性神経膠腫について、保険適応を拡大するように、厚生労働省に要望書が出されたそうです。(よく分からないけど、どうやら患者家族さんが動いたのかも。)BNCTに関する要望書BNCT悪性脳腫瘍にも|ニュース|公明党がん治療の保険適用拡大で山本副大臣が要望受けるwww.komei.o, 10月29日(木)朝8時半から、雇用・労働問題対策本部で、男性の育児休業取得促進について、非正規雇用労働者の待遇に係る最近の最高裁判決について、厚生労働省よりヒアリングし、議論しました。党がん対策推進本部で、「保健適用となったBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)の可能性と課題について」、大阪医科大学鰐渕昌彦主任教授の講演を聞きました。, おはようございますもうすぐ退院の時間なのにウダウダしています笑先日、再手術に至るまで②で書かせて頂いた、まだ認可は下りていませんが、新しい治療法。『BNCT』ホウ素中性子捕捉療法というものらしいです。今まで膠芽腫の治療法は、手術+抗がん剤+放射線でしたが、この放射線は脳全体に当てるのでグレイの数値が限られます。(私の場合は総線量60グレイ)これは、健康な細胞までも失ってしまわないように決められた数値だそうです。しかし、このBNCTは局所に当てることができる為、数値をもっと上げ, 初めてこの療法の名前を耳にしたのは、大腸がんが見つかるずっと前。私は7年以上自覚症状のないまま、上行から横行結腸にかけて、大腸がんを育ててしまっていたみたいだから…「そんな夢みたいな治療、ホントに実現するんかなぁ…」と、ポカン。。。とテレビを見ていたときには、すでに進行していたのかもしれないな…数年後に、切望しながら亡くなってしまうブロガーさんのこととか…思い至るはずもなかった………ボロボロの建物があった(たぶん)ところに、巨大な医療センターが完成していて、私は今、こうして見上げている, http://bnct-cancer.com/shikumi.php現在は?https://www.osaka-med.ac.jp/kbmc/bnct/about.htmlBNCT(ホウ素中性子捕捉療法)について|関西BNCT共同医療センターwww.osaka-med.ac.jp, 診察行ってきた〜。3回目の正直!とは思ってるけど、仕方ないけど、怖くて怖くて。MRIもいつも寝てるけど、時間的に?寝れんかったし。結果は問題なし!ほっ❤️次は3ヶ月後!今日聞いたこと1、BNCTについて2、車の運転1はグレード4だけが対象らしい、、、がーん。わたしはグレード2やからダメだって。グレード3でもあかんらしい。まあ落ち込んでも仕方ない!やれるだけラッキーやな、って思ってたし。あと、今は3ヶ月ごとの通院やから、薬も出してもらえてるけど。今後はMRIの期間が伸, 中性子捕捉療法(BNCT)について、先日担当医にお聞きしたことをこちらに書いていきます。中性子とホウ素の核反応を用いた治療方法で、正常な細胞を破壊することが放射線より少なく、次世代に期待される治療方法というのが世間でいわれていることです。限られた施設でしか治療できないというのが少しネックらしいです。担当医の先生によると、もしゆうちゃんのガンが再発した時に治療方法のひとつの選択肢として入れようといっていただけました。(他はガンマナイフや放射線の再照射などです), 6月25日、CEAは22.3(←18.5←16.2←9.8←5.6)となり、基準値外で上り、NSEも18.5(←無←11.5←11.1←11.7)と高くなりました。次回はCT等を見て、次の治療方法を検討することとなりました。ただ、今回は一応アリムタ継続となり、日帰りで点滴を済ませました。今回、(肝臓の状況を示す)ALTとASTが基準値を超えましたが、(腎臓の状況を示す)クレアチニン値は基準値を超えたものの前回よりは、若干改善されました。好中球は基準値内に戻りました。胸の突発的な痛み(痙, だいい大医カルテないんだカルテを作らないと僕BNCT頭頸部癌再発したらサルベージオペ不可なら、、BNCT昨今,サルベージ手術あるいはコンバージョン手術といった言葉を聞く機会が増えたように感じているのは筆者だけではあるまい.特に癌診療においては最近の出来事のように思う.おそらく読者である先生方におかれても,それぞれの考え(イメージ)をお持ちと思うが,それらを整理して考え直すために本特集は企画された.医学用語としてのサルベージあるいはコンバージョンの定義に類する明確なも, 次病院行った時、わたしも効くのか聞いてみよう。再発してるし、次は放射線当てるって言われてるし、効くなら早い方がいいなあ, 【吉報】ホームページとメールが復活しましたご迷惑をおかけしました~さて、過去に2回+α記事にしたコロナ禍でも進むがん治療コロナ禍でも進むがん治療①-緊急事態宣言47日目-コロナ禍でも進むがん治療②-緊急事態宣言48日目--緊急事態宣言解除1日目-子宮頸がんの撲滅を目指して~鬼滅の刃その続きです今回新たに承認された薬剤ステボロニン点滴静注何か変わった名前ですね適応はこちら切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部癌, 3密を避けるのだから、セミナーなんて…と思いつついつものサイトを眺めていたら、興味深いテーマが。『がんと超最先端治療』(国立がん研究センター東病院先端医療科土井俊彦先生)6月26日(金)19:00~20:30光免疫療法、腫瘍溶解性ウイルス、遺伝子治療などおおー…。実は私は、まだ光免疫療法については希望を持っているのだ。メラノーマはもともと光に反応するがんだから、この治療法は無理だろうってY先生の見解があるにせよ、あれは数年前の話だし…。事前質問したい。したいけど、この日はま, みよしのヒスです。2020年05月30日(土)今日も熱・咳・痛み無し。目の浮腫と鼻水に苦戦しました。この季節、鼻炎がくるんですよ。私。なので、終日家籠りしていました。そろそろ外食もしたいんですがね...明日は、朝一足ツボに行ってきまーす。今日は妻のお友達に教えてもらった「中性子捕捉療法(BNCT)」について調べてみました。郡山にある南東北BNCT研究センターでこの治療が開始されたそうです。特に脳・頭頸部に効くとか...予めホウ素化合物を投与して粒子放射線に, 先月、『承認しても良いですよ』という段階まできていたBNCT。ホウ素を使った医薬品と、中性子線を当てる装置の医療機器、両方とも承認がおりたようです。→ステボロニン承認→BNCT治療システムおよび線量計算プログラム保険収載ができしだい、保険診療として使えるようになるのかと。ただ、大型な装置だし、薬も特殊なものなので、受けられる病院は限られてるのかもしれないです。→医療機関今回はあくまで、頭頸部がんの治療としての承認だけですが、脳腫瘍にも使えるようになる日が、一, 完全なオタクネタなので、興味のない方はスルーしてください。暇で、なんとなく色々ググってたら、BNCTについての、恐ろしく昔の論文を見つけてしまいました(ホウ素)中性子補足療法1980年の論文。当時からして『過去14年間の経験』って。化学療法と併用といっても、まだテモダールも無い頃だよな。おぉー、ほんとうに、BNCTの開発は長い歴史があるのねーと思ったのもつかの間、読んでみると、なかなか、色々、面白くて。まず、今ならカタカナ表記の『ホウ素』が…漢字。自動変換で出てこないよー。, どうもコロナウイルス報道やらで、集中力が鈍っている。いくつか記事を書いたけど、未完のまま…留保。いずれまた。今回はこちらを。https://oncolo.jp/news/20200225y01甲状腺機能を調べることで、その人がICIによる甲状腺機能障害を起こすかどうか予測出来るという。そしてこちらも。https://oncolo.jp/news/200226y02副作用の大腸炎は、ビタミンD療法で減少するらしい。ICIの副作用について、どんどん研究が進んでいて、本当に素晴, こんばんは、おっさんです。今夜は、タイトルの通り噂の光免疫療法について、おっさんなりの都合の良い見解や見通し(願望?)を書いてみたいと思います。もちろんおっさんは医者でも研究者でもないので、本当に「こうなればいいな!」レベルの患者の願望ですので悪しからず。。まず、光免疫療法について。米国立がん研究所・楽天メディカルの小林久隆先生を中心に研究が進められており、日本では頭頸部がんの治験を皮切りに続々と様々な固形がんに対して治験が始まり、その承認が待たれる光免疫療法。おっさんの理解では、赤色, なんだか毎日クドイな…と自分でも思いながら、、、昨年10月に申請されていた、頭頸部癌を適応としたBNCTの承認が、かなり間近みたいです今週、ひと足先に、装置(医療機器)の方が進んだようで。→BNCT部会で承認の了承医療機器の審査の流れってこんな感じ↑だけど、あと、もう、一歩!ホウ素製剤(医薬品)の審査も進んでるらしく、来月3月に揃って承認、新年度には薬価が決まるのかと。そして、神経膠腫を適応にした申請へと続くのかな。世界に先駆けての新しい治療法。いずれは、, 少し前に、液体ノリの会社は、変なお問い合わせがきて、大変だったようですね。BNCTで使うホウ素製剤に、ポリビニルアルコール(PVA)という、液体ノリの主成分の物質を加えて、マウスのモデルで試してみたら、治療効果が上がった、という発表が出たから。→BNCTの効果向上誰も、液体ノリがガンに効く、なんて言ってないのに…。ましてや、液体ノリを飲んだらガンが治る、なんて言ってないのに。…………ネットニュースでの、見出しの書き方が問題なのでは…汗。情報は正確にお願いしま, ホウ素中性子補足療法(BNCT)少しずつ、着実に、動いてるようです。頭頸部癌と再発悪性神経膠腫の治療として先駆け審査の指定を受けていたのに、なぜか…昨年10月に、頭頸部癌だけを適応として、承認申請が出されているもの。(→ひと足先に。)でも、大丈夫。再発悪性神経膠腫の方も、動き出したらしい。申請前の先駆け総合評価相談が始まったんだとか。メラノーマの治験も始まってますよーー。頭頸部癌の時は、先駆け総合評価相談を始めて、半年弱で申請を出したから…神経膠腫でも、それくらいで申, こんばんは昨日にブログに書いたこれ。少しばかり気になって調べたら中皮腫に対する臨床試験も開始されていました。って知ってる人は知っているであろう情報だと思うけど…今の時点で治療ができるのはこの9箇所のみらしいので興味がある人はこちらを参考にしてみて下さいね。https://www.antm.or.jp/06_bnct/04.html1日も早く承認され診療できる医療機関が増えることを祈ります。, 前にも液体のりの話聞いたけど、、、がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まるホウ素化合物の薬剤を注射してがん細胞に取り込ませておき、外から中性子を照射して破壊するホウ素化合物ががん細胞から流出しやすいのが課題だった。チームは、ホウ素化合物に液体のりの成分であるポリビニルアルコール(PVA)を混ぜると、スライムをつくるのと同じ原理で分子が長くなることを応用その結果、がん細胞の中に入るホウ素化合物, 今日は皆さんブログに書いてる液体のりしかも大腸がんでの研究薬剤に液体のりの主成分を混ぜこの薬剤をがん細胞に取り込ませて中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療をすると治療効果が大幅に高まるby東京工業大のチームこの放射線治療は以前紹介したBNCThttps://ameblo.jp/lieber11/entry-12534579005.html薬剤が理科の実験でつくったスライムのようになりがん細胞にとどまりやすくなるらしいねマウスの実験では大腸がんがほぼ消失「根治に近いレベ, こんにちは今回は放射線シリーズですというのも最近話題になっているこの記事↓「液体のり」放射線治療でも期待の星がん細胞ほぼ消失(朝日新聞デジタルへ飛びます!