猫にハッカ油をはじめとした精油を使うことは良くないと言われています。私たちの生活では香料や虫除け、気分転換など様々なシーンで使えるものとしてとても重宝されていますよね?しかし、人間には良くても、猫には有害となってしまう場合もあるようです。 猫にハッカ油をはじめとした精油を使うことは良くないと言われています。私たちの生活では香料や虫除け、気分転換など様々なシーンで使えるものとしてとても重宝されていますよね?しかし、人間には良くても、猫には有害となってしまう場合もあるようです。この記事では、猫とハッカ油にスポットを当て、ハッカ油の知識と、猫に与えてはいけない理由についてまとめてみました。, 北里大学獣医学科卒業。埼玉県内の動物病院で勤務医をしながら教育・研究にも携わっており、大学では『伴侶動物の鉄代謝』をテーマに研究しています。『猫は小さな犬ではない』という格言のもと、何よりも猫ちゃんの健康と福祉の向上を一番に考え、日々の診療に励んでおります。, ハッカ(ハッカ油)を含む精油は非常に種類が多く、全てを合わせると数百種類以上あると言われています。こういった精油は猫ではうまく代謝されないため、ハッカの精油であるハッカ油も使用しない方が良いでしょう。, 猫に直接ハッカ油を付けたり、口の中に入れたりすることはもちろん、猫がいる所で日常的に純度の高い精油のハッカ油を使用するのも危険なため避けましょう。, 猫の中にはハッカ(ミント)の匂いを嗅いでフレーメン反応を起こすなど、マタタビを嗅いだかのような反応をする子もいます。ハッカの中には「キャットニップ(犬ハッカ)」と呼ばれる、俗に言う西洋マタタビがあります。, キャットニップは猫用おもちゃなどにも使われており、極端に大量に使用しなければ有害ではないとされています。, ハッカ油以外でも、先ほどさらっと触れましたが、ペパーミントを始めとしたアロマオイル全般は、猫には使用しない方が良いとされています。, 猫の肝臓には、解毒に必要なグルクロン酸抱合能がなく、アロマオイルを無害化できないからです。そのため、少量でも中毒になりやすいので、極力猫がいる部屋でアロマオイルは使用しない方が良いでしょう。, ハッカ油などの精油(アロマオイル)は猫の体に蓄積されていく物もあるため、ある日突然猫の具合が悪くなることもあります。猫に対してのハッカ油などの精油(アロマオイル)の危険性はまだ研究が進んでいないこともあり、一部では使用しても大丈夫だと言われているものもありますが、その安全性は定かではありません。, ですから、愛猫の安全を守るために、現段階ではハッカ油などの精油(アロマオイル)はなるべく使わないようにする方が良いでしょう。, ハッカ油は虫除けとしても使われています。ですから、蚊やゴキブリも、ハッカ油の匂いを嫌います。実際に、ハッカ油を配合したゴキブリよけも販売されています。, また、猫以外の小動物、ペットとして人気の高いハムスターやハツカネズミやフェレット、小鳥などは注意した方が良さそうです。, ハッカ油が含まれたネズミ忌避剤を鳥がいない所で使ったにも関わらず、近くにいた鳥が死亡してしまったケースもあるようです。ペットの中でも犬に対しては顕著な有毒性を示さないようですが、過度の使用は厳禁です。また、犬以外の生き物がいる場合は、使用しない方が安全なようです。, 人間にとってはいろいろと便利なハッカ油などの精油ですが、猫には、あまり良くないようです。ハッカ油に代表される精油やアロマオイルは猫にとって毒になりますのでアロマセラピーやアロマディフューザーは猫のいる家では使用しないほうがいいでしょう。, ハッカ油は、人に良いから猫にも良いだろう、と安易に考えるのは、危険だということです。猫と人間の体の機能には違いがあるということをよく理解し、事前に十分安全性を確認してからにすること、というのが愛猫と暮らす上での重要ポイントとなりそうです。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, ハッカ油にしてもアロマオイルにしてもやはり過度の使用は避けた方がよいのですね。猫は嗅覚が人間の数万から数十万倍とも言われていますし、ハッカ油やアロマのような匂いがきつい物は人間が思う想像以上の刺激があるのでしょう。, 与えてはいけないものをよく知らない父がミント油入りのおやつ(猫用)(!!!)を買ってきました。一応父にもはっか油はダメなのよと言ったことはあるのですがなにぶん忘れやすい人…, 猫ファンであり、猫フェチであり、猫飼いでもあります!猫の記事を書かせて頂ける事に、幸せを感じています。皆さんに伝わりやすいよう、心がけて書いてます!宜しくお願い致します、にゃむ。. 虫の特徴を知ることで避けたい虫から身を守ることができます。材料3つで簡単に作れる虫除けスプレーを作って、外遊びに出かけましょう。赤ちゃんやペット、特に猫にも安全な虫除けスプレーも紹介しています。アウトドアの虫対策にお悩みの方は、必見です。 ・オレガノ 虫除け効果を期待して、猫ちゃんに直接つける 普段は着物の着付け講師をしながら母の介護をしています。, ハチやブヨ、アリなどは二酸化炭素を感知しないので、ディートやイカリジンが効きません。, 赤ちゃんには使えません。特に生後6か月以内の赤ちゃんは皮膚炎や神経障害を引き起こす場合があるので注意が必要です。, ディートは、生後6か月から2歳までの子供は1日1回、2歳から12歳までのこどもは1日1~3回という使用制限があります。, 臭いに敏感なので、香水や衣類の柔軟剤、お菓子やジュースなど臭いが強いものに気を付ける。. ということで今回は、 虫除けスプレーをした網戸を猫が舐めても大丈夫でしょうか? 試したいんですけど、猫が舐めないか心配でどうしようか悩んでいます。 その他、虫除けにはこんな事をすれば良いのではないかというアドバイスも合わせてお願いできれば助かります。 よろしくお願いします。 通報する. ・レモングラス 猫にとっては実はかなり危険な代物です。 について詳しくお伝えします! ©Copyright2020 鍛えよ、書くチカラ。.All Rights Reserved. 猫の虫除けは、成分表を見てもどれが安全なのか分かりにくいことも多いです。猫の虫除けに安全なものを知っておけば、選ぶ基準も分かってきますね。また、猫がハーブやスプレーをなめるといった時の対処法も知っておきましょう! ・ペパーミント Copyright (C) 2015 - 2020 PLAN Co.,Ltd. ・パイン ・ベルガモット 猫の虫除け対策は万全にできていますか?猫が蚊に刺されてしまうことで引き起こされるかもしれない病気があります。蚊に刺されないようにあらかじめ予防しましょう。安全な虫除けをご紹介します。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 子供たちも夏休みが短いこともあって、近場でアウトドアをする人が増えてきているようです。, この記事では、虫除けスプレーの種類や成分を解説して、赤ちゃんや犬猫などのペットにも安全な虫除けスプレーの作り方を紹介します。, この夏は、家族全員が安心して使える虫除けスプレーを作って、外遊びに出かけませんか。, 薬局などで市販されている虫除けスプレーは、虫によっては全く効果がない場合や逆に寄せ付けてしまう場合があります。, 虫の生態や寄せ付けないメカニズムを理解して、安心できる虫除けスプレーを手作りしましょう。, 薬局などで市販されている蚊やアブなどに有効な虫除けスプレーの成分は主に3種類あります。, 蚊やアブが寄ってくるワケは、人が皮膚呼吸で排出する二酸化炭素を感知するからなんです。, ディートやイカリジンが配合されている虫除けスプレーは、配合成分によって効き目が異なります。, 蚊やアブは二酸化炭素を感知しますが、ハチやブヨ、アリなどは二酸化炭素を感知しないので、ディートやイカリジンが効きません。, また、蚊を寄せ付けないシトロネラ―ルも、ハチには魅力的な臭いとして寄せ付けてしまうことになります。, 炭を焼くときに出る蒸留水や煙を冷やして液体にしたものです。燻した臭いがするので、火を連想し嫌うと言われています。, スーッとした爽やかな香りがハチだけではなく、ブヨ、蚊などの寄ってきてほしくない虫たちに効き目があるんです。, 木酢液は臭いがキツイのと、茶色の液体なので服がシミになってしまう可能性があるので、ハッカのほうが扱いやすいでしょう。, そこで必要な虫除け対策ですが、虫除けスプレーは材料3つで簡単に手作りできるんです。, 蚊、アブ、ハチ、ブヨなどに効果がある虫除けスプレーを手作りするのは、実はとても簡単なので、ぜひ作ってみてください。, 使い方は体に吹きかけるだけです。臭いがなくなると効果も薄れるので、再度スプレーしてください。, では、赤ちゃんにも、犬にも、猫にも安全なものは何かというと、「ニームオイル」です。, しかし、手作りすると濃さを調節できることとコスパがいいので、ぜひ作ってみてください。, 虫除けの対策は、虫除けスプレーを手作りして吹きかけることですが、そのほかにも虫除け対策として注意すべきことがあります。, 前述の通り、「ディート」、「イカリジン」、「天然由来」の虫除けスプレーも併用すると、より効果的です。, ブヨに噛まれると、1週間くらいパンパンに腫れて、猛烈なかゆみが続き、高熱が出る場合もあるからです。, 足の指のほうまでパンパンに腫れてしまい、靴は履けなくなり、蚊の数倍のかゆみに1週間ほど悩まされたことがあります。, 体のどこかに少量の血が出ているところがあったら、ブヨに噛まれたことを疑ってください。, ハッカ油を使った虫除けスプレーは簡単に作れるので、アウトドアにも持って行くと便利です。, また、最近は、虫除け効果のある繊維で作られた帽子やパーカーなどがアウトドアショップで売られています。. All Rights Reserved. ・オレンジ, 虫除けに使われることの多いハーブですが、圧搾抽出で作られた精油であれば、熱による化学変化を起こしていないため、猫の体に与える影響はガラリと変わってきます。, 蒸留抽出か圧搾抽出かは、メーカーに問い合わせをしなければわかりませんが、気になることがあれば、どんどん問い合わせをしましょう。, また、虫除けを選ぶ際には、ペット用とされているだけでなく、成分を普段から気にする習慣を身に付けましょう。, 猫の虫除けに安全なものを使いたい、と思っても、たくさんありすぎてどれがいいのかわかりませんね。, 実際に使って見なければ虫除け効果が分からないことも多く、せっかく買っても効果がなければ意味がありません。, 蚊取り器は、薬剤を使わずにLEDランプの光と生物の体温を模倣して、蚊を誘引するため、安全に虫除け対策ができます。, 煙、薬剤の影響、匂い、放射線の心配もなく、音も静かなため、赤ちゃんや猫がいる家庭でも安心して使用することができる優れモノです。, 蚊取り器 捕虫器 殺虫器 蚊取り線香 UV USB デジタル おしゃれ 捕虫器 室内 薬剤不要 サボテン 静音 対策 卓上 子供 インテリア プレゼント ギフト 蚊取器価格:6500円(税込、送料無料) (2019/7/19時点), 成分を見るとレモングラスやユーカリ、ミント、ニーム、グレープフルーツ種子といった猫に危険とされるハーブの名前がずらりと並び、更には精油と書かれているので心配される方もいますが、こちらの精油は正確には精油ではありません。, アロマオイルやエッセンシャルオイルは蒸留抽出によって精油になっていますが、ペディペディハーブは圧搾抽出でエキスが取り出されているため、植物そのものが使われています。, 砂糖よりも有害性がないというデーターも発表されているため、猫の虫除けとして注目の高いおすすめグッズです。, ペディペディハーブ(200ml)【RCP】価格:2571円(税込、送料別) (2019/7/19時点), アースペットのお出かけ用虫よけわんにゃんクリップは、猫の首輪やリード、キャリーバッグなどに取り付けられるタイプの虫除け剤です。, 蚊取り線香と同様の殺虫剤成分であるピレスロイドが使われていますが、猫に影響はないため安心ですね。, ケージに取り付けておくこともできるので、いつでも虫除けが可能なおすすめグッズです。, 【 ネコポス 4個OK】アース ペット おでかけ用虫よけわんにゃんクリップ ミニサイズ70日用 犬 猫 防虫 殺虫剤価格:413円(税込、送料別) (2019/7/19時点), 猫が虫除けハーブやスプレーした場所を舐めてしまって、ヒヤッとしたことはありませんか?, 猫にとってハーブや虫除けスプレーの匂いは、嗅覚を刺激するため興味が湧いて舐めてしまうといったことがあります。, 少量であれば問題のないこともありますが、少量でも危険な成分のものもあるため、なめることをさせない対処が必要です。, 猫がなめたら困るような成分を使っているものではなく、猫が口にしても安全な虫除けを使うようにしましょう。, こちらでご紹介したペディペディハーブや、ペット用の舐めても大丈夫な虫除けスプレーが販売されています。, 猫がハーブやスプレーを舐めてしまう恐れがある場合は、その場所に近づかせないというのも1つの方法です。, ただし、スプレーの場合は網戸や壁、床などに直接薬剤が付くため、あまり現実的ではありません。, 人間の体についた虫除けスプレーの匂いに寄ってくることもありますので、外から帰ったらすぐに洗い落として、猫が舐めても大丈夫にしてあげましょう。, 猫がハーブや虫除けスプレーなどを舐めてしまったら、例え中毒症状が表れなくても念のため動物病院を受診するようにしましょう。, ペット用のほとんどの虫除け剤は、少量を舐めても問題はありませんが、猫によってはアレルギーを引き起こすことがあったり、少量でも過剰に反応して体調を崩すこともあります。, 今回は、猫の虫除けで安全でおすすめなグッズのご紹介と、ハーブやスプレーをなめる時の対処法についてご紹介しました。. ・ユーカリ 猫専用の忌避剤が登場! 嫌がる刺激で寄せつけない! 詳しくはこちら; 犬猫まわれ右 粒剤 400g シトラスの香り. ・タンジェリン 材料として人気の高い「ハッカ油」。 私たちが普段使っている殺虫剤の多くは、植物由来成分であるピレスロイド系という成分を使用して作られています。人体やペットへの影響はないので安心して使用できます。ここでは、犬や猫は安全?殺虫剤のペットへの影響や使用の注意点についてご紹介します。 ・ライム ・マンダリン たしかに人間にとっては有益な物質ですが、 虫除けスプレーは天然のものが良いですよね猫とかに悪影響があったら困るので私の知人がコレが良いとくれましたが家の周りをなんとなくやってみようと思い(←特に虫で困… ドラッグストアやインターネットには、たくさんの種類の虫除けスプレーが用意されています。その中からどの虫除けスプレーを選べばよいのか、迷ってしまう人も多いはず。そんな虫除けスプレー選びをお手伝いすべく、「虫除けスプレーの最強ランキングtop19」を紹介していきます。 ・グレープフルーツ 「ハッカ油が猫に危険な理由」 document.write( new Date().getFullYear() ); スポンサーリンク 虫の特徴を知ることで避けたい虫から身を守ることができます。材料3つで簡単に作れる虫除けスプレーを作って、外遊びに出かけましょう。赤ちゃんやペット、特に猫にも安全な虫除けスプレーも紹介しています。アウトドアの虫対策にお悩みの方は、必見です。 花壇、庭、駐車場への進入防止に. なんてことは命に関わる危険な行為なんです! そしてまた猫を吸血することで、猫の体内に寄生するのです。, この時に初めてフィラリアは成虫になり、肺動脈や心臓に居座ることになってしまいます。, そして、ここで毎日ミクロフィラリア(子どものフィラリア)を生み続ける…という恐ろしいサイクルが始まってしまうのです。, フィラリアの寿命は2年ほど。その間に自然に体内で死ぬことも多いのですが、上記のパターンで成虫になってしまうと大変なことになってしまうのです。, これらの症状は、ちょっと分かりにくいということもあって、飼い主さんが気付いたときにはかなり重症化してしまっていることもあります。, 蚊が多い時期になって猫の体調がなんだかおかしいかも?と思ったら、早めに動物病院で診てもらうのがカギになるでしょう。, 犬の場合にはフィラリアを駆除する薬剤を使用するのですが、猫にとってはきつすぎるため使用することができません。, そのためフィラリアがこれ以上進行しないようにしたりする治療をすることになるので、どうしてもリスクが高くなるのです。, 猫が蚊に刺されることによって、アレルギーを引き起こすこともあるんです。これは、アレルギーの細胞である「好酸球」が出ることによって起こります。, かなり痛々しいことになってしまっていますね…。どうしても蚊に刺されやすい鼻や耳に出ることが多いのですが、肉球にもこの症状が出ることがあるんですよ。, これは猫の体質によるもので、蚊に刺されたことでアレルギーを引き起こして皮膚に炎症が起きてしまうことが原因なんです。, 猫も痒いとかきむしったりしてしまいますから、それによって皮膚の症状がさらに悪化してしまうこともあるでしょう。, この場合、放っておくとさらに辛い状態になるかもしれないので早めに動物病院に連れていってあげましょう。, 治療としては、ステロイド剤などを塗って完全室内で静養することになります。外に出してはいけませんよ。, もし毎日散歩をしている習慣があるとしても、この場合は治療のためにやめておいてくださいね。, 猫を完全な室内で飼っているからうちは大丈夫と思われる飼い主さんは多いかもしれません。, しかし、昔に比べても猫がフィラリアにかかる確率はかなり上がっていきている、というのが現状なのです。, 蚊というのは知らないうちに家の中に入ってきますし、一度入ってきてしまえば駆除するまでずっと居ることになってしまいますからね。, そうなると、室内で飼われている猫にとっては逃げ場がないとも言えるのです。ですから、蚊に刺されないための予防をしておくことはとても大切だと言えるでしょう。, それでは、大切な猫が蚊に刺されることがないように予防するためにはどうすればいいのでしょうか。, やはり室外にいると蚊に刺されるリスクは跳ね上がることになるでしょう。猫の安全のために、蚊が出てくる時期には必ず完全室内飼いにしておくことをオススメします。, 昔から蚊を防ぐといえば、蚊取り線香ですよね。部屋に置いておくだけで、室内の蚊をやっつけることができる優れものです。, 蚊取り線香の煙は、一般的に販売されている種類ならば猫が吸い込んでも問題はないとされていますが、動物用の蚊取り線香も販売されています。, 冷血動物である蚊を駆除するというよりは「弱らせて飛べないようにする」ものなんですね。 なので、温血動物である猫にはほぼ害はないと言えるんですね。, ただし、猫が線香の燃えている部分を触ったり、本体をかじったりすることがないように注意してあげてください。, こちらも、先ほの蚊取り線香と同様にピレスロイドが使われている商品になります。猫の首に付けるだけで、1週間経過すると効果が現れるのがすごいですね。, 効果は6ヶ月と記載されています。蚊と同時にノミも寄せ付けないのはありがたいところです。, ただ、首輪タイプなので危険なことが起こったりしないために「何かあった時には切れる」ものを選ぶようにしておくと安心ですね。, こちらは電池で使うタイプの虫除けグッズです。1つ購入すれば、720時間使用することができるのでコスト的にもかなり良いですよね。, 煙も熱も出ないので、猫にとっても安心です。このように、猫にも使える虫除けグッズはたくさんあります。, これらの虫除けグッズは室内で使用することになるでしょうから、ずっと締め切ったままにはせずこまめに換気をすることを心掛けましょう。, オーガニックが好きな人なら、日頃から室内でアロマを焚いたりしている人も多いのではないでしょうか。, アロマの中にも色んな種類がありますが、ティートゥリーやミントやハーブなどは虫除けとしても効果があると言われていますよね。, アロマというのは、植物の成分をギュッと濃縮したものになるので(1mlの製油を作るためにその100倍から1000倍もの植物を必要とします)、使い方によっては人間ですら害があることもあるほどなんですよ。, さらに、猫は人間と肝臓の代謝機能が異なるため、精油の毒性がどうしても出やすくなってしまうんです。, 猫は人間と比べてみてもとても小さい生き物ですし、自分の身体を舐めることでグルーミングをしますよね。これによって精油を直接舐めることにもなるので、かなり危険なのです。, これらの理由から、猫がいる家庭で精油を虫除けとして使用するのは、やめておいたほうがいいでしょう。, 虫が多くなってくる時期になると、猫も虫の被害を受けることがあります。たとえ室内で生活していたとしても、その可能性はゼロではないんですよ。, 猫を虫から守るために、飼い主として猫にとって効果的で安全なものを選びたいものですね。, そして、毎日の生活の中で猫がいつもと変わらず元気にしているか?ということも常にチェックしておきましょう。, 毎日のふれあいをすることで、猫のちょっとした変化にも気づけるようにしておくと安心ですね。, ©