同行者いた場合、その方が仕事と関係があるのであれば経費計上して大丈夫です。, 家族旅行などで仕事とは関係がない場合、個人的な出費になりますので注意が必要です。 ちゃんと管理して、しっかり申告したほうが、メリットありますよ。 経費として計上しないと、セミナー費用や研修費用分の売上が税金がかかってしまいます。 講演会を開催した時の会場使用料は 勘定科目は何にしたらよいでしょうか? 研修費でしょうか? よろしくおねがいします。 こんにちは 講演会を開催した時の会場使用料は 勘定科目は何にしたらよいでしょうか? 研修費でしょうか? よろしくおねがいします。 回答一覧. ・個人事業主として事業所得があった 仕事の一部として参加しているわけですので隠すこともありませんし、参加費用については経費として処理すれば良いのです。, 税金は、売上から経費を引いた所得金額に税金がかかります。 領収書があれば、裏にでもどんなセミナーや研修だったのか、場所などの5W1Hをメモしておくと後々まとめるときにまとめやすいです。 そんなものは必要性が感じられない、などの指摘をされることがあるかもしれません。 確定申告では、青色申告と白色申告がありますのであなたの経費処理のやり方も考えながら選んでください。それぞれのメリットとデメリットがありますので理解が必要です。, セミナーや研修への参加料金だけではなく、付随する費用を忘れることなくまとめる必要があります。 どこででも購入できるので1セットだけでも揃えておくと便利になります。, 銀行振込の際に発生する支払手数料や振込手数料は、支払手数料や雑費として経費処理します。 仕事ではないと判断されないように記録を残しておきましょう。, セミナー探しで悩んでますか? 当サイトでは日本全国の人気のセミナーを予約できます。口コミやランキングであなたにぴったりのセミナーを見つけて下さい。主催者は無料で掲載する事ができます。. 新聞図書費の他、研修費に合算して記帳し、摘要欄に内訳を記入する方法もあります。, 遠出でセミナーや研修を受ける場合、飲食費用も経費計上できることがあります。 ATMでの振込も同様です。 この出金伝票は、100円ショップや文房具売り場、ホームセンター、スーパーマーケットの文房具売り場で売っています。 事業に関係がないセミナーや研修なら参加しても経費として認めてもらえないでしょう。 家族と一緒に行くのであれば、1日を家族サービスに振り分けることもできます。 税理士さんはあなた以上に会計についての知識はお持ちです。 その会合の性質を確認してふさわしい理由があれば、家族の旅費についても参加費用として会計上の処理ができることがあります。, セミナーや研修の参加費用は経費で処理します。 セミナー主催者が負担する費用は様々です。しかし、企業セミナーは定期的に開催する可能性が高いため、当日運営にかかる諸々の費用は「セミナー運営費」という勘定科目を作って処理するのがもっとも手っ取り早い方法です。 その上で、講師への謝礼や、懇親会費など、内訳を記す方式にすると今後の処理が楽になります。 また、社員の教育や研修、スキルアップを目的とした自社向けセミナーの場合(従業員を社外のセミナーへ参加させる場合も含む)、「教育訓練費」や「研修費」などの科目でも良 … 教材の購入など参加費と別に料金がかかる場合も、研修費と合算して記帳し、摘要欄に内訳を書くと良いでしょう。 セミナーや研修に参加することは個人としても会社員としても多々あることでしょう。 この経費部分を処理していないことが多いようです。, 電車やバスの運行が多い都心部の場合、 研修会・研究会・講習会・セミナー・教育訓練等に要した費用は、研修費 勘定(費用)などの借方に記帳して費用計上する。 その他、その実態等によって次のような勘定科目で処理をすることも考えられる。. 個人の所得はその年の1月1日から12月31日までの1年間についてをさします。 税務署などからの情報を見忘れない様に注意が必要です。, 初めて行く土地や地方の人間が都心部に行く場合、仕事のついでに旅行も兼ねたいですよね。 証憑書類として以下があります。 ・山林所得があった 何かしらのスキルアップや気づきを得るためにも情報を得ないと自分自身の能力アップに繋がりませんし、会社員としても情報を得る能力がつかないので仕事をさっさと終わらせることができなくなるでしょう。, さて、セミナーの参加費は無料の場合もありますが、基本的には有料です。 ・給与所得があった(サラリーマンでも2000万円以上の方) 会社員時代なら、会社の経理担当者が対応してくれますし、個人事業主としての対応を学ぶ必要があります。 その場合、交通費もセミナーや研修費用として経費計上することができます。 フリーランスの方でカフェなどで作業される場合、近所なら飲み物一杯分だけは経費にできるとの見解もありますが、遠方であれば一杯だけではなくセミナーや研修に参加した飲食費として経費にて処理できます。, 遠方でのセミナーや研修の場合、宿泊する必要が出てきます。 会議費; 交際費; 諸会費; 研究開発費 理由が明確であれば他人からの指摘でも説明ができますので他人の判断を覆すこともできます。, 相談する税理士さんによって見解がわかれることもあります。 クレジットカード利用明細書のどれなのかをわからなくならないようにするために、メモするなり記録をとっておきましょう。, 銀行振込もクレジットカードと同様に領収書が発行されないことがあります。 例えば、自己啓発系セミナーでも、あなたにとっての必要性や参加すべき理由をあなた自身が持っておく必要があります。 交通費や宿泊費、会場費用などの必要証憑書類をまとめておく必要があります。 電車や飛行機を乗り継いで朝に間に合わせようとすると、それだけで疲れ切りますよね。 それが可能であれば、税金を払いたくないなら無意味にでもたくさんのセミナーに参加して売上を圧縮することが可能になるからです。, 個人事業主としてなら、個人のスキルアップや売上アップに関連するのであれば経費として認められます。 家族で旅行する場合、あなた分の航空券などは別で予約して領収書をもらっておけば経費として簡単に計上できます。 車で参加する場合のガソリン代や公共交通機関を使用した際の運賃、または遠距離での宿泊費用などを考える必要があります。 ・ATM利用明細書・振込明細書 研修やセミナーに参加する際に、どんな服装で参加するか?は悩むポイントですよね。周りと違った服装で浮いてしまうことは避けたいですし、マナー違反はもってのほかです。本記事ではアパレルで店長経験のある筆者が、どんな服装でセミナーへのぞむべきかを解説していきます。あなたのセミナー服に対する不安感が消えると嬉しいです。... 社会人であれば社内研修や社外でのセミナーを年に数回受ける機会があると思います。 ただ、白色申告は青色申告に比べて簡素化されているため、家族への給与を経費にすることや赤字繰越ができないので節税の観点からはよろしくありません。 支払い先、金額、支払った日付、セミナー日付、会場等をまとめておきます。, 領収書が発行されなかったり、発行できない場合には、出金伝票を書いておきます。 自分自身のスキルや能力アップ、聞いてみたい話があるなど個人としてのものや会社からの指示の元、採用後や何年後かに決められている研修や業務上必要な力をつけるために参加することなどが挙げられます。 通常の仕事以上に何かひとつでも気づきやスキルアップにつながれば良いですよね。, そのセミナーは事業に関係があるものでしょうか? しかし、中にはたまに領収書を発行できない、ということがあります。 提出する方によっては、確定申告を行うことで還付金として戻ってくる場合もあります。, 次の方は確定申告を行なって税金を納めます。 この場合、通常であれば領収書を発行してくれるはずです。 自家用車で参加する場合でも経費計上が可能です。 純損失の繰越 ・その他見積書・納品書等, とりあえず領収書をもらえば良いでしょう。 それを年末調整で正しい所得税額を計算して追加徴収や還付を行います。, 確定申告は、個人で行いますので処理は増えてしまいますが、控除などで節税ができますのでサラリーマンよりはお金の使い方をあなた自身で決めることもできます。, 青色申告は税金が安くなる控除や赤字の繰越で翌年の税金を安く抑えることができたりするなどの優遇措置があります。 標準設定において、「新聞図書費」があります。 特典として、 賃借対照表が不要であるほか、帳簿も日々の金額を一括で記載します。 各種備品のレンタル料 3. ・雑所得があった(副業による所得があった), 事業主として確定申告しなかった場合、納めるべき税金に延滞税や加算税がプラスされて納税することになり、普通に税金を納めるよりも納める税金が高くなってしまいます。 せっかく遠出でセミナーに参加するのであれば、ついでに旅行することも考えられますよね。 セミナー会場として、貸し会議室などをレンタルするとき、気になるのは業務で使ったお金の分類名「勘定科目(かんじょうかもく)」をどう決めるかということです。, この記事では、セミナー会場費用の勘定科目の決めるコツを中心に、勘定科目の振り分け例をご紹介します。, セミナー会場として、貸し会議室などをレンタルするとき、気になるのは「勘定科目」です。, 一般的に、勘定科目は「資産」、「負債」、「純資産」、「収入」、「費用」の5つに分けられますが、この5つの科目をさらに分類して管理することが経理上、求められます。, 例えば、会社が収益を得るためにかかる経費を振り分けるための勘定科目「費用」の中に「研修費」という勘定科目があります。これをさらに「講師費」や「教材費」などの勘定科目で分類し、管理します。, この勘定科目の分類方法、分類名の付け方には、決まった法的なルールがありません。そのため、貸し会議室を借りたとき、勘定科目が何になるか、判断が難しくなるのです。, 会議室だから会議費なのか、主に研修で使われる場所だから研修費なのか。自社の商品・サービスなどの販売促進の目的で開かれるものだから販売促進費なのか。, 例えば、セミナーという名前でも、実態は関係者や協力者との会議がメインの場であれば「会議費」として計上するのが妥当です。, 同じく、従業員の研修や勉強会であれば「研修費」にし、従業員向けの福利厚生を目的としたセミナーは「福利厚生費」が妥当でしょう。, セミナー会場費以外の経費を「セミナー運営費」のようにまとめられるところもあれば、細かく分類するところもあります。, 企業として勘定項目が厳格に設定されていて、費用を振り分けるときの勘定科目をあなたの裁量で決められないケースもあるでしょう。, 費用を振り分けたい場合、まず、経費に何があるかを知った上で、事前に上司や経理などに確認するようにしましょう。, セミナー会場費の金額は、セミナーの規模によって大きく変わります。参加者の人数に合わせたセミナー会場を手配しましょう。, そして何より、やりたいと思っているセミナーができるか、設備や機材、備品などのチェックが必要です。, 例えば、プロジェクターでパソコンの画面をスクリーンに映し出し、講師が話すセミナーをイメージしているのであれば、プロジェクターとスクリーンが設備にあるか、無料Wi-Fiなどのインターネットを利用できる環境なのか、備品でパソコンを貸し出してもらえるか、パソコンのスペックが何か、映像を出力するときの対応規格などもチェックしておく必要があるでしょう。, また、会場以外の設備・機材・備品などが会場費として含まれていないこともあるので、注意しましょう。, 講師費については、社外の方を招くのであれば、講演料の他、講師との折衝をする者との管理費が発生することを覚えておきましょう。, 社内の方であれば業務として講師をするので、その時間分の働きは、講師費として計上することになります。, セミナー資料やアンケートなどの資料を手配する必要がある場合は、資料作成、用紙に印刷代と、資料に関する費用もかかります。外部の講師の場合、資料作成費用が講演料に含まれるか、事前に確認しておくとよいでしょう。, また、セミナーの規模が大きく、配布する資料が多い場合は運送費が必要で、会場に搬入条件も確認する必要があるでしょう。, ペーパーレスが求められる今、PDF形式のデータで提供してダウンロードさせたり、Webサイト上でアンケートに回答させたりすることも考慮に入れたほうがよいでしょう。そのWeb化の関連費用は、利用目的から資料費として計上することになります。, セミナーの運営スタッフが必要な場合は、スタッフの人件費が必要です。セミナー運営管理者と受付のスタッフは、どのような規模でも必須です。スタッフを社内で調達する場合でも、賃金や交通費などを含め、働き分をスタッフの人件費として計上することになります。, スタッフを外注する場合は、どのように人材を手配するかにもよりますが、賃金や交通費など以外に、派遣費や保険料などのような諸経費がかかるケースもあることもあります。特に、専門性の高い音響や撮影のスタッフを手配する場合、必要機材のレンタルなどを含めた費用も上乗せされるケースもあるため、事前に見積もりを行う方がよいでしょう。, 費用が割けない場合、社内で音響や撮影などに詳しい人を探すなどの内製化の工夫も必要になります。スマートフォンなどを使いこなす若い世代には、編集や加工を含めた写真や動画の取り扱いが得意な人がいるはずです。ただし、素人がうまく取り扱えるのは、写真ぐらいで、動画は、BGMを後でかぶせて編集するイメージ動画程度です。明瞭に聞こえるレベルの音声の入った動画を求めるなら、講師の声を近くで録音するためのマイクと、しっかり固定できるカメラ機材が必須でしょう。広い会場で、長時間のセミナーの時間をきちんと記録したい場合、プロに任せなければ、期待した品質の動画は得られないでしょう。, なお、昨今は撮影と配信を同時に行うニーズも出てきていますが、この場合は、また別の専門性が必要となり、撮影だけできるスタッフよりも価格があがるため、慎重に検討しましょう。, 自社のメールマガジン、SNS、Webサイトなどのメディア掲載は安く済みますが、チラシなどの紙もの広告費、ダイレクトメール費、外部Webサイト掲載費、Google広告などの広告費などは、予算の範囲内で、効果的に行いましょう。, セミナー会場費用の勘定科目の決めるコツは「利用目的で決める」ことです。利用目的から考えれば、勘定科目はスムーズに一貫性のある管理ができます。従業員の研修セミナーなのか関係者との会議なのか、自社商品のセールスなのかなど、セミナーが何の目的で開催されているかを考え、勘定科目を決めましょう。, 費用を振り分けたい場合、まず経費に何があるかを知った上で、事前に上司や経理などに確認することをおすすめします。, ハンターガイダーを運営するエスクリでは、年間8,000組の結婚式を手掛けております。結婚式場として利用している会場の空き時間の有効活用を目的として企業のパーティ、イベント、撮影、交流会などでご利用頂いております。ワンランク上のパーティ、イベント会場をお探しの方は是非一度、ご連絡ください。素敵な会場をご案内させていただきます。.