こんにちは、ハサです。 先日は新ルール後の【恐竜】について (2020年4月1日レギュレーション振り返りと 2020年7月1日レギュレーションに向けて)と 言うタイトルでブログを書きました。 本日は2020年7月1日レギュレーションを 振り返りつつ、2020年10月1日からの 【恐竜】について書いていきます。 2019年10月から2020年2月にかけての 【恐竜】について書いていきます。 1.【恐竜】とは 【恐竜】はその名の通り「恐竜族」を 軸にしたデッキタイプです。 「恐竜族」モンスターは100種類程度と 種類の少ない種族です。 「恐竜族」モンスターには 先日は新ルール後の【恐竜】について(2020年4月1日レギュレーション振り返りと2020年7月1日レギュレーションに向けて)と言うタイトルでブログを書きました。, 本日は2020年7月1日レギュレーションを振り返りつつ、2020年10月1日からの【恐竜】について書いていきます。, しかし、その中でもランキングデュエルにて【恐竜】を使い、優勝している人が何人か居ます。, 【恐竜真竜皇竜星】と言うデッキタイプもありますが、正直、安定感が落ちるのであまりおすすめは出来ません。, 上振れを楽しみたいとか大会で使わないのであれば、楽しいデッキなので使ってもいいと思います。, デッキレシピについては2020年10月1日からのリミットレギュレーションに対応した【恐竜竜星】について解説していきます。, トーナメントクラスでは一番使用率が高いと思われる【恐竜】のタイプです。(そもそも【恐竜】を使う人は少ないですが…), 《ドラゴニックD》または《真竜皇リトスアジムD》で《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》を破壊し展開をするのが主な動きです。, もちろん、《珠玉獣―アルゴサウルス》で《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》を破壊して展開する動きもします。, 【恐竜真竜皇】のメリットは、《珠玉獣―アルゴサウルス》以外に《ドラゴニックD》や《真竜皇リトスアジムD》など《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》を破壊する手段が増えることです。, 《ドラゴニックD》や《真竜皇リトスアジムD》と破壊するカードが多くても、《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》を引けていないと動きにくいです。, 《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》は無制限で、《化石調査》が準制限、《魂食いオヴィラプター》が制限と破壊されるモンスターは実質9枚です。, また、破壊する側のカードは、《ドラゴニックD》と《テラ・フォーミング》が制限、《真竜皇リトスアジムD》が無制限、《珠玉獣―アルゴサウルス》やそれを特殊召喚できる《幻創のミセラサウルス》も無制限です。上記に上げた《化石調査》や《魂食いオヴィラプター》も破壊する側のカードをサーチできます。, それなで引けそうですが、全盛期に比べると安定感は落ちます。破壊するカードは多くても、破壊させる側のカードと2枚引かないと動きにくいのが【恐竜真竜皇】の弱点です。, 《化石調査》や《魂食いオヴィラプター》が無制限になれば【恐竜真竜皇】は安定感が増すので、その際には使いたいと思っています。, 【真竜皇】と違い引きたくないカードである「竜星」カードを入れないといけませんが、《水晶機巧―ハリファイバー》しか出せないときでも、妨害を多く構えられるので強いと思っています。, 「竜星」カードはできる限り引きたくないですが、引いてしまっても「竜星」モンスターがデッキに1枚は残れば妨害は多めに構えられます。, 《珠玉獣―アルゴサウルス》で《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》を破壊して展開する動きがメインとなります。, 【恐竜竜星】は先攻向きのデッキです。後攻になりそうであれば「竜星」カードを抜いて、《ライトニング・ストーム》などの後攻で強いカードを採用することが多いです。, 【恐竜】は展開系のデッキで複数回特殊召喚するので、《増殖するG》をケアするカードが減るのは辛いです。, また【恐竜真竜皇】であると《竜魔導騎士―ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を採用する人もいたと思います。, 《竜魔導騎士―ドラグーン・オブ・レッドアイズ》が禁止になったことで先攻展開の誘発ケアや後攻での捲りのパワーが落ちたと思います。, 《ワン・フォー・ワン》が制限になることにより、初動枚数が減りつつ相手の誘発ケア札が減ることになります。, 2020年10月1日からのレギュレーションではより【恐竜】が戦いにくい環境になるので構築やプレイにかなりの工夫が必要とされます。, 2020年10月1日からのレギュレーションに対応した【恐竜竜星】のデッキレシピになります。, 参考にサイドデッキも載せていますが、まだ検討段階なので、メインデッキとエクストラデッキについて説明します。, 前のブログと被る点が多いので、もう少し詳しく知りたい方は前のブログも読んでいただけると幸いです。, 《究極伝導恐獣》エース的な存在ですが、結構簡単に処理されてしまいます。とは言いつつも、相手のエクシーズ召喚やリンク召喚などを防げるので強いです。《ダイナレスラー・パンクラトプス》《プチラノドン》で特殊召喚できます。後手になったときに素引きしていると強いです。《魂喰いオヴィラプター》そろそろ準制限になって欲しいです。1枚で《水晶機巧―ハリファイバー》を作れるので、そこから3妨害構えられます。《幻創のミセラサウルス》素引きしたいカードです。上手い人だと、このカードを警戒して動きます。《ベビケラサウルス》無制限になってからよりお世話になってます。ターン1制限付いてないのは偉いです。, 《プチラノドン》相手が《増殖するG》を使ったときは、《ベビケラサウルス》より《プチラノドン》を破壊したいです。《珠玉獣ーアルゴザウルス》【恐竜海皇】というデッキに採用されたこともあります。サーチ先は前のブログを確認してください!《ジュラック・アウロ》素引きしても《ワン・フォー・ワン》があれば何とかなってたけど、《ワン・フォー・ワン》は10月1日から制限になります、残念っ!《幻獣機オライオン》1枚しかない場合に素引きすると辛いので、2枚にしています。墓地から除外すると手札の《幻獣機オライオン》を特殊召喚できることも覚えておきましょう。《ジェット・シンクロン》このカード1枚で《水晶機巧―ハリファイバー》を出すことができます。《幻獣機オライオン》が2枚なので、《ジェット・シンクロ》で《水晶機巧―ハリファイバー》を特殊召喚したあとでも3妨害構えられます。《幻獣機オライオン》を2枚素引きしたら無理です。《灰流うらら》普通に使える汎用手札誘発です。使いどころを間違えると妨害として機能しません。, 《PSYフレームギア・γ》《PSYフレーム・ドライバー》先攻でも後攻でも強い誘発です。《墓穴の指名者》が準制限になり、《抹殺の指名者》を入れるとなると抜けるかもしれません。要調整ですが、メインから入っているとかなり強いです。続いて、魔法・罠カード。, 《おろかな埋葬》《幻創のミセラサウルス》を墓地へ送るのがお仕事です。《死者蘇生》もあれば《魂喰いオヴィラプター》を墓地へ送ってもいいかもしれません。《究極進化薬》《珠玉獣―アルゴザウルス》でサーチしたいので素引きしたくないですが、素引きしてもいいように2枚です。素引きしても強いときは強いですけどね。時と場合によります。遊戯王では時と場合の違いは重要なので、ルールブックで復習しましょう。《化石調査》そろそろ制限解除にしていいと思います。, 《ハーピィの羽根帚》相手の魔法罠を処理できなくて負けるのが嫌なのでメインからの採用です。《墓穴の指名者》準制限になるので手札誘発を少し止めにくくなります。大切に使いたいカードです。《ワン・フォー・ワン》制限になるので初動且つ妨害を乗り越える札が減ります。結構キツいです。《竜星の九支》優秀なカウンター罠です。最後にエクストラデッキ。《リンクリボー》《珠玉獣―アルゴザウルス》を召喚して展開する場合には使います。, 《リンク・スパイダー》《アクセスコード・トーカー》のワンキルがしやすかったりトークンを退かして《PSYフレームロード・Λ》を出せたりできます。 《水晶機巧ーハリファイバー》みんな大好きハリファイバーですね。このカードのお陰で3妨害できます。, 《PSYフレームロード・Λ》展開の途中で《灰流うらら》をもらっても、無理矢理《究極進化薬》の発動条件を作れます。手札の《PSYフレームギア・γ》を使うことができるのでいいですね。《トロイメア・フェニックス》メインギミックで魔法・罠を破壊する手段は欲しいので入れます。《トロイメア・ユニコーン》最近、値上がりしていますよね。早めにシク買っておきました。トロイメア系は基本的に優秀です。《幻獣機アウローラドン》展開に必須となるカードです。デッキから《幻獣機オライオン》を出すだけではなく、フィールドのカードを破壊したり、墓地の罠を回収できるので覚えておきましょう。《アクセスコード・トーカー》後攻からのワンキルではほぼ使います。このカードの効果発動に対して相手は効果を発動できないのは強力です。《エヴォルカイザー・ドルカ》1体でターン制限無し2妨害は強いです。展開途中に出せると相手のモンスター効果を防げるので理想の盤面を作りやすいです。《武力の軍奏》まだまだ現役のカードです。《水晶機巧―ハリファイバー》を出す前に《虹光の宣告者》を出すために使います。《虹光の宣告者》①の効果が強くて、手札・デッキから墓地へ送られるカードは除外されます。手札コストで墓地へ送ることができない場合は発動できません。《禁じられた一滴》のコストとして手札のモンスターは捨てられません。なので、魔法罠等無効にする効果は結構あとの方に使いたいです。《源竜星―ボウテンコウ》最強の竜星モンスターでしたが、ルール変更により若干弱体化しました。《竜星の九支》をサーチしましょう。《ヴァレルロード・S・ドラゴン》ここしばらくお世話になっています。発動を無効にするだけで、破壊はしません。《PSYフレームロード・Ω》【ドラグマ】相手でもエクストラ破壊から守れます。出せたら、除外回収したりハンデスしたりします。, 来期からは《墓穴の指名者》が準制限になるため、展開系のデッキは不利になると予測されます。, そのため、展開系のデッキが減り、全体的に《増殖するG》の採用が減る可能性があります。, もし、【恐竜】を使うのであれば、全体的な環境を見て展開系のデッキがかなり減って《増殖するG》の採用が減ったタイミングだと思います。, もしくはパワーの高い【真竜皇】を使って《増殖するG》を無視しながら後攻からワンキルを狙うのがいいと思います。, 【恐竜竜星】を使うのであれば、特殊召喚回数を減らして、《究極伝導恐獣》と《源竜星―ボウテンコウ》、《竜星の九支》を構えて、《虹光の宣告者》を出せるくらいの軽めの妨害が無難かもしれません。, 【恐竜】はパワーの高いデッキで、環境デッキに比べたら安定性は劣るものの、他のデッキに比べると妨害を構えられたり後攻の捲り性能は高いと思います。, 公認大会やCSで使用するのは難しいかもしれませんが、【恐竜】の新たな構築を考えて活躍するプレイヤーが現れたらいいなと思います。, 今後も最低3ヶ月に一度、特にレギュレーション改定時には【恐竜】について書いてきますので、よろしくお願いします。, 今期は【恐竜】以外に【召喚ドラグマ】や【サンダー・ドラゴン】、【エルドリッチ】など様々なテーマを使い大会に参加しました。, カードゲームを約20年プレイしてきたカードゲーマー。今、プレイしているのは、遊戯王、mtg。主に遊戯王の環境考察やデッキの紹介などを発信している。環境に合わせて同じデッキを使いながら、新たなテーマのデッキも組む。, 新ルール後の【恐竜】について(2020年4月1日レギュレーション振り返りと2020年7月1日レギュレーションに向けて). ―下級モンスター 1. 遊戯王の恐竜族【ビートダウン】デッキレシピです。デッキ名は「恐竜」!デッキの解説を確認してデッキの回し方を理解しよう。弱点やカスタマイズポイント、キーカードも掲載しています。|遊戯王のカード検索やカード評価やオリカ作成は遊戯王カードリスト・評価・オリカ! 2020年3月28日 ベスト8 / 恐竜 / レボル - 第3回 PGS(Persona-Games) 2020年3月20日 1位 / 恐竜 / ひつじ@ミスタ - 朝霞CS(2人チーム戦) 遊戯王らぼ 遊戯王OCG・デュエルリンクスのコンボや環境デッキを … レベル4 《エヴォルカイザー・ラギア》・《エヴォルカイザー・ドルカ》のエクシーズ素材になれる利点を持つ。 1. 主力カード 1.1. 遊戯王の【ビートダウン】デッキレシピです。デッキ名は「恐竜真竜2020」!デッキの解説を確認してデッキの回し方を理解しよう。弱点やカスタマイズポイント、キーカードも掲載しています。|遊戯王のカード検索やカード評価やオリカ作成は遊戯王カードリスト・評価・オリカ! 《魂喰いオヴィラプター》 アタッカー級の攻撃力を持ち、召喚・特殊召喚に成功した場合にあらゆる恐竜族をサーチ、もしくは墓地へ送ることができる … 以前はよくアメブロでブログを書いていましたが、YouTubeの動画作成に力を入れ始め、更新はしばらくしていません。, 動画編集は手間がかかるのもあり、今回は久しぶりにブログで発信したい情報を公開しようと思いました。 遊戯王歴はvol.1から第5期辺りまでとリンク召喚が実装されてからの3年間、合計10年以上は遊戯王をプレイしています。, vol.1から第2期のころは小中学生で、カード資産もなく構築もままならないものでした。, 第3期のころは高校生で、戦士デッキを使っていましたが、「混沌を制す者」を2パック買い、《カオス・ソルジャー-開闢の使者-》を引き当てた辺りから遊戯王人生が変わりました。, 当時で言うスタンダードデッキを組み、比較的ガチな遊戯王を高校生の頃にしていました。, 大会で一番使用していたデッキが【次元帝】で、初めて優勝したときのデッキも【次元帝】です。, 【次元】を使う人間だと回りから認知されていたので、他の人は《ツイスター》などの永続魔法罠を破壊できるカードを採用します。, それを読んで、私はサイドデッキ15枚を全て入れ替え、【黄泉帝】として2戦目からは戦うようにしていました。, この辺りが人生で1番か2番目くらいに遊戯王に真剣に取り組んできた時期だと思います。, エクシーズ召喚が実装される前に一旦遊戯王から離れて、別のカードゲームをしていました。, そのカードゲームのサービス終了後、同じカードゲームの知人のツイートで「恐竜のストラク3つで強いデッキができる!」, 【恐竜真竜皇】、【恐竜竜星】、【恐竜サンドラ】、【恐竜真竜皇竜星】、そして、【恐竜リリーサドラグーン】と環境に合わせて【恐竜】のお供を変えながら使ってきました。, 本日はタイトルにあるように、2019年10月から2020年2月にかけての【恐竜】について書いていきます。, 「恐竜族」モンスターには遊戯王をやっている人なら誰でも知っている《究極伝導恐獣》をはじめ、様々なデッキのサイドデッキによく使われる《ダイナレスラー・パンクラトプス》などパワーの高いモンスターが多いです。, 《究極進化薬》と言うレベル7以上の「恐竜族」モンスターを召喚条件を無視して手札・デッキから特殊召喚するパワーカードがあります。, 下級モンスターだと「恐竜族」モンスターをサーチまたはデッキから墓地へ送る《魂喰いオヴィラプター》、メインフェイズ中に手札から捨てて発動することにより発動したメインフェイズ中は自分フィールドの「恐竜族」モンスターが相手の発動する効果を受けなくなったり、墓地から任意の枚数の「恐竜族」モンスターを除外することによりデッキから除外した枚数と同じレベルの「恐竜族」モンスターを特殊召喚する《幻想のミセラサウルス》があります。, 他には破壊されることでデッキから「恐竜族」モンスターを特殊召喚する《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》があります。, レベル1の「恐竜族」モンスターでは《ジュラシック・アウロ》や《珠玉獣―アルゴサウルス》があります。, 《ジュラシック・アウロ》は《幻想のミセラサウルス》よりデッキから特殊召喚できるチューナーモンスターです。, 《珠玉獣―アルゴサウルス》は他の「恐竜族」モンスターを破壊することで「進化薬」魔法カード1枚か破壊したモンスターと同じレベルの爬虫類族・海竜族・鳥獣族モンスター1枚をサーチすることができます。, しかし、パワーは高いのですが、安定感が劣るので、トーナメントでは最近はあまり使われておりません。, 安定感は少し劣るものの、ハマったときの爆発力は凄まじいです。それが【恐竜】の魅力かと思います。, 2020年10月に禁止から制限になるとは予想もつかなかったカード《ドラゴニックD》があります。, 《ドラゴニックD》は手札・フィールドのカードを破壊し、「真竜」カードをサーチします。, 《プチラノドン》は破壊されると、デッキからレベル4以上の「恐竜族」モンスターを、《ベビケラサウルス》は破壊されるとデッキからレベル4以下の「恐竜族」モンスターを特殊召喚します。, 《ドラゴニックD》で《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》を破壊して展開を進めるのが【恐竜真竜皇竜星】です。, 展開後は、《真竜皇 V・F・D》や《源竜星―ボウテンコウ》、《竜星の九支》、《水晶機巧―ハリファイバー》と言う盤面を作ることができます。, 《真竜皇 V・F・D》 で相手のモンスター効果発動を防ぎ、《竜星の九支》で一度だけ魔法・罠・モンスター効果を防ぐことができます。, 《竜星の九支》を使ったあとに《虹光の宣告者》で妨害を増やしたり、《輝竜星―ショウフク》による2バウンス(デッキに戻す)をすることができます。, しかし、《ドラゴニックD》は制限であり、それをサーチまたはセットできる《テラ・フォーミング》や《盆回し》も制限カードです。, 中々、《ドラゴニックD》と《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》からの展開をスタートさせることが難しいです。, 《ドラゴニックD》が引けなくても、《真竜皇リトスアジムD》や《真竜皇アグニマズドV》を引けば展開することもできます。, その場合は《プチラノドン》や《ベビケラサウルス》を含め2枚のモンスターが必要となります。, もちろん、《プチラノドン》2枚や《ベビケラサウルス》2枚でも構いませんし、むしろ上振れたときはそのようなスタートができます。, 《ドラゴニックD》や「真竜皇」モンスターが引けないときに役に立つのが、《幻獣機アウローラドン》です。, 《幻獣機アウローラドン》を使うと、《水晶機巧―ハリファイバー》しか出せない場合、フィールドに《ヴァレルロード・S・ドラゴン》、《源竜星―ボウテンコウ》、《竜星の九支》の2妨害を構えつつ、返しのターンで《虹光宣告者》を出し更なる妨害を構えられます。, 更なる下振れとして、《水晶機巧―ハリファイバー》しか出せないときに、《ジェット・シンクロン》や《幻獣機オライオン》を素引きすることです。, 《珠玉獣―アルゴサウルス》は先にも紹介したように、他の恐竜族モンスターを破壊して、「進化薬」魔法カードをサーチできます。, 《珠玉獣―アルゴサウルス》で《ベビケラサウルス》や《プチラノドン》を破壊することで、展開することができます。, 《ドラゴニックD》よりも《珠玉獣―アルゴサウルス》の方が枚数も多くサーチできるカードも多いため、少しでも安定した展開ができます。, 名前の通り、ドラグーンオブレッドアイズと 《究極伝導恐獣》を出すと言うシンプルなものです。, しかし、そのあとに、【恐竜竜星】で《真紅眼融合》を使わずに、ドラグーンオブレッドアイズを出す展開ルートが見つかります。, 「竜星」カードの素引きは辛いですが、それ以外を除けば、【恐竜ドラグーン】より強力な盤面を作れます。, 《珠玉獣―アルゴサウルス》と《プチラノドン》か《ベビケラサウルス》で展開できます。, 《珠玉獣―アルゴサウルス》と《プチラノドン》による展開方法は以下のツイートで見ることができます。, 恐竜竜星の展開方法https://twitter.com/hasayp/status/1217065335028772866?s=19, 【恐竜】の初動展開カードは《プチラノドン》もしくは《ベビケラサウルス》と《珠玉獣―アルゴサウルス》もしくは《幻想のミセラサウルス》の2枚セットです。, ここに妨害を当てられない、もしくは《墓穴の指名者》などで相手の妨害を防ぐことが出来れば固い盤面を作れてほぼ負けることはないでしょう。, 現在の環境トップでもある【リリーサドラグーン】の要素を含めた盤面を【恐竜】でも作ることができます。, 最終盤面としては、《究極伝導恐獣》、ドラグーンリリーサ効果付与のクラウソス、《虹光の宣告者》となります。, 2020年4月からのルール変更で、融合、シンクロ、エクシーズモンスターをリンクマーカーを気にせずにメインモンスターゾーンへ出せるようになります。, 今まで通りに相手の展開中に《究極伝導恐獣》の効果を使い、相手のモンスターをすべて裏にして、展開を止めましょう。, 【恐竜真竜皇竜星】の展開動画をYouTubeで公開して半年近く経ちますが、ありがたいことに未だにコメントを頂きます。, 《幻獣機アウローラドン》を使い、シンクロモンスターをリンクマーカを無視してメインモンスターゾーンに出していました。, 今のルールだと、エクストラモンスターゾーンもしくはリンクマーカー先にしかエクストラデッキのモンスターは出せません。, 今回は5ヶ月分のまとめとなり、今までの私のYouTube動画やTwitterのツイートのまとめのようになりました。, 100円の価値がある、もしくは今後の記事に期待したいと思われた方は募金と言う気持ちで購入していただけると有り難いです。, カードゲームを約20年プレイしてきたカードゲーマー。今、プレイしているのは、遊戯王、mtg。主に遊戯王の環境考察やデッキの紹介などを発信している。環境に合わせて同じデッキを使いながら、新たなテーマのデッキも組む。, 新ルール後の【恐竜】について(2020年4月1日レギュレーション振り返りと2020年7月1日レギュレーションに向けて), https://twitter.com/hasayp/status/1217065335028772866?s=19.