【土屋正勝:千葉の名門・銚子商のエースとして1973年春から4季連続で甲子園に出場。 1学年下には篠塚和典がいた】 ※週刊ポスト2020年6月12・19日号 昭和49年選手権大会・3回戦 (銚子)土屋正勝 (中京)原田末記 銚子商 201 001 100=5 中京商 000 000 000=0 昭和49年選手権大会・準々決勝 (平安)山根一成、赤羽聖文 (銚子)土屋正勝、筒井精 平_安 000 000 000=0 銚子商 010 120 11X=6 叔父は千葉県立銚子商業高等学校が1965年の夏の甲子園で準優勝した際の左翼手 。 土屋も銚子商に進学し1973年春から4期連続で甲子園に出場を果たす。 同年春の選抜は控え投手として出場。 1回戦で報徳学園に大敗する が、この試合でリリーフに立ち甲子園初登板。

来歴・人物. 元祖・甲子園の怪物と呼ばれた江川卓(作新学院)。1973年の夏の甲子園で江川に投げ勝った2年生エースが銚子商の土屋正勝だ。 翌1974年のドラフトで中日に入団。12年間で8勝22敗4セーブと期待された結果は残せなかった。

野球も勉強も銚子商業や市立銚子に行くよりは明らかに鹿島学園の方がいいだろ 0668 名無しさん@実況は実況板で 2017/05/28 16:02:42 鹿島学園の野球部なんか強くねえでしょうw 0671 名無しさん@実況は実況板で 2017/05/28 16:28:28 >>670 大バカ野郎。