飛べ!イサミのネタバレ、全話見逃し動画情報。最新pvや、無料視聴動画の紹介、最新ニュース、みんなの感想まで飛べ!イサミを最大限楽しむための情報がここにある!


乱馬チームVS伝説の鳳凰』オープニングテーマ, フューチャーランド・スパークリング・アーチスト・シリーズ11 / あなたが宇宙 〜BY MY SIDE〜, サンデーズメンバーとして出演。その当時にシングル「もう一度ブラックコーヒー」をリリース。, 参加者にインタビューするリポーターを務めていた。また、同番組のテーマ曲『潮風のサーキット』、『TRY TO JUMP〜あきらめないで〜』を歌っていた。レースに参加したこともあった。, 「雄二のぶっちゃけ部屋」コーナーにおいて、三ツ矢雄二と共にメインパーソナリティを務める。人気声優を招いて声優業界の衝撃的な裏話をランキング形式でトーク展開するコーナー。, 住まいの悩み事を解決するケーススタディコーナー「ノンちゃんのこれでバッチリ!」を担当。, 生放送リポーターを務め、早朝市場の中継などに従事。朝から大声で喋るため、自ら「走るカナリヤ日高のり子」と称していた。, 「雨が聴こえない」(コント赤信号劇団第3回公演1985年4月23日 - 28日下北沢駅前劇場 作・演出:, サクラ大戦武道館ライブ 帝都・巴里・紐育(エリカ・フォンティーヌ)2007年5月13日(日本武道館), サクラ大戦紐育レビュウショウ「歌う大紐育2」(エリカ・フォンティーヌ=映像出演)2007年7月15日 - 18日(日本青年館), サクラ大戦紐育レビュウショウ「歌う大紐育3・ラストショウ」(エリカ・フォンティーヌ)2008年8月28日のみ(銀河劇場), サクラ大戦巴里花組ライブ2009「燃え上がれ自由の翼」(エリカ・フォンティーヌ)2009年12月26日-27日(青山劇場), サクラ大戦帝都ライブ2010(エリカ・フォンティーヌ)2010年3月6日(東京厚生年金会館), サクラ大戦巴里花組&紐育星組ライブ2010「可憐な花々 煌めく星々」(エリカ・フォンティーヌ)2010年12月10日-12日(青山劇場), サクラ大戦武道館ライブ2 帝都・巴里・紐育(エリカ・フォンティーヌ)2011年10月7日(日本武道館), サクラ大戦巴里花組ライブ2012「レビュウ・モン・パリ」(エリカ・フォンティーヌ)2012年12月26日-29日(青山劇場), 偉大の航道-田中公平動漫交響音楽会(エリカ・フォンティーヌ)2013年6月16日 (台湾台北-国家音楽庁), サクラ大戦巴里花組ショウ2014「ケセラセラ・パリ」(エリカ・フォンティーヌ)2014年2月13日-16日(銀河劇場), 「LIVE IN MURASAKI」(Live House Murasaki、1984年6月10日I部20:00〜、II部21:30 - (+アンコール)、出演:日高のり子), 「日高のり子ファーストライヴinルイード」(新宿ルイード、1985年12月頃 12:30 - 13:45、出演:日高のり子), 「日高のり子セカンド ライヴinルイード」(新宿ルイード、1986年4月20日12:00 - 14:00、出演:日高のり子、ゲスト:三ツ矢雄二・他), 「日高のり子&三ツ矢雄二ジョイントライヴ」(新宿ルイード、1986年6月22日14:00 - 16:00、出演:日高のり子・三ツ矢雄二), 「田中公平 作家生活30周年記念コンサート」(東京厚生年金会館、2009年11月1日), 声の出演ではなく、本人が作中のキャラとして登場。また、テーマソングおよびイメージソングとして歌った『ウルティマ 〜瞳のナイフ〜』、『ハートの磁石』の2曲のメロディーが作中のBGMに使われている。, NHK少年ドラマシリーズ「未来からの挑戦」パトロール隊員(1977年 伊東範子 名義). http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=129, 『CV 〜キャスティングボイス〜』発売日が2014年6月19日に決定――新たに8人の声優キャラクターを紹介, 「グランブルーファンタジー」,Sレアキャラを入手できる期間限定イベント「ロボミ」が本日スタート。レジェンドガチャに新たなキャラと召喚石が追加, 『サクラ大戦』×『グランブルーファンタジー』コラボレーションイベント開催のお知らせ, 『PSYCHO-PASS サイコパス 選択なき幸福』出演声優陣のサイン色紙などが当たる発売記念抽選会が開催決定. 【リンク切れ報告】 あらすじ 花丘イサミ、月影トシ、雪見ソウシの三人は幕末に活躍した新撰組の子孫。ある日、花丘家の蔵で新撰組の秘密基地を発見し、光を放つ不思議な剣を手に入れた。

飛べ!イサミ(Wikipedia/しょぼいカレンダー/DL)画像 花丘イサミ、月影トシ、雪見ソウシの三人は幕末に活躍した新撰組の子孫。ある日、花丘家の蔵で新撰組の秘密基地を発見し、光を放つ不思議な剣を … 日髙 のり子(ひだか のりこ、1962年[5]5月31日[6] - )は、日本の声優、女優、ラジオパーソナリティ、ナレーター[3]、歌手(元アイドル)。, 東京都[6]千代田区九段出身[1]。愛称は「ノン子(さん)」。本名の旧姓は伊東。名は範子。身長157cm[2]。血液型はAB型[2][6]。既婚。2009年1月19日に事務所「コンビネーション」を三ツ矢雄二と共に設立。, 代表作は『タッチ』(浅倉南)、『となりのトトロ』(草壁サツキ)、『らんま1/2』(天道あかね)など[7]。, 日本武道館の近くで、洋服の仕立屋「テーラー伊東」を営む両親の元で、三姉弟の長女として生まれる(下に弟が2人いる)。, 子供の頃から将来は女優志望[4]で、子役として活動。高校時代にはいとう のりこ名義でアニメ『ふたごのモンチッチ』の主題歌「ふた子のモンチッチのうた」を歌い、キャンペーンのお姉さんとして着ぐるみとともに全国を回ったこともある。, 「ふた子のモンチッチのうた」を発売したレコード会社の担当がアイドルセクションへ異動し、その担当からアイドルとしてのデビューを誘われる。当初は女優を目指していることを理由に一度断わったが、先にアイドルでデビューして名前を知ってもらった方がいいのではと言われ、自身でも納得してアイドルデビューを決意する[4]。, 1979年2月から1980年1月まで放送された『バトルフィーバーJ』に、本名の伊東範子名義で中原ケイコ役で出演。, 1980年に「初恋サンシャイン」でアイドルデビュー。1日だけ「藍陽子」の芸名だったが、本名の「のりこ」は残したいということで、現在の芸名に変更となった。香川の「仁尾太陽博」のキャンペーンガールを務める。NHK『レッツゴーヤング』において「サンデーズ」のメンバーになり、ある程度名は売れたものの、その後アイドルとしては失速して行き、苦労続きの日々を送ることになる。, 1984年頃、芸能界で未だ一皮剥けない状況に業を煮やした両親から就職を奨められるようになる。そんな中、当時担当していたラジオ番組で、リスナーの投書に「声に特徴があるので声優に向いているのでは」と書かれたことで声優を意識するようになり、後にテレビアニメ『超時空騎団サザンクロス』(ムジカ・ノヴァ役)で声優デビューを果たした[4]。1985年からは『タッチ』でヒロイン・浅倉南役を担当し、声優としての知名度を上げる。, その後『トップをねらえ!』・『ふしぎの海のナディア』・『らんま1/2』・『となりのトトロ』など知名度の高い作品に多く出演。また、1989年の『ピーターパンの冒険』では、レギュラーキャラクターでは初となる少年役を担当。この他にも年相応の役を増やすなど、役の幅を拡大させていった。, 2015年、山崎和佳奈と松井菜桜子とアイドルユニット「backdrops(バックドロップス)」を結成し[8]、『Don't fly!』でデビュー[9]。, 2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第21位に選ばれる[10]。, 2017年10月20日、愛知県のLOVEあいちサポーターズ あいち緑と仲良し大使に任命される。, 2018年8月6日、近藤夏子(シンガーソングライター)、ギターウルフのセイジと共に、島根県ふるさと親善大使「遣島使」に就任[11][12]した。, 子役時代には東京宝映に所属していたが、アイドルデビュー後は当初CBSソニー預かり(マネージャー:森田)の後、河野プロモーションへ移籍。1996年春頃に事務所が廃業し、暫くフリーでの活動を行うが、81プロデュースのマネージャーを務める吉田理保子から誘いを受け、移籍。2006年3月限りで81プロデュースを退社、その後、夫の個人事務所「BIG MOUNT」の所属扱いで活動していたが、2009年1月19日に新事務所「コンビネーション」を、タッチで共演以来の旧友である三ツ矢雄二と共に設立した。, 所属レコード会社は、アイドル時代の当初CBSソニーから、ポニーキャニオン、FUTURE LAND、メルダックと変遷したが、近年はソロ歌手活動をしていない。, 芸名は本来異体字を用いて日髙のり子としているが、アイドル時代のごく初期を除いて「日高」と表記されることが多かった。だが、10年ほど前に字画の関係から声優の金丸淳一に勧められて、本来の異体字で表記するようになった。, 演じた役柄の中で一番日高の地に近いのは『らんま1/2』のヒロインである天道あかねだと語っている。父が空手道場の師範だったためか、日高も子供の頃に空手をやっていた事があったと述べており、2人の弟ともよく取っ組み合いの喧嘩をしていた事から、周囲の大人たちからは「まるで男の子みたい」と評されていた。, 1991年、山寺宏一・関俊彦とともに芝居『@@ザ・スタースパングルド・ガール::』を公演。その後、山寺・関とユニット・バナナフリッターズを結成し、ラジオやCDリリース、舞台などで、1995年まで活動(2016年に再起動)。, 1992年5月の末(30歳になる前)に、ラジオ番組「日高のり子のはいぱぁナイト」の仕事で知り合った2歳年下のディレクターと結婚している。, 前述の『超時空騎団サザンクロス』のオーディションと、当時レギュラーだったラジオ番組と時間が重なったため、当時の岡本マネージャーがラジオ持参でオーディション会場に駆け付け、声優デビューを果たした。しかし演技経験が少ないまま声優の世界に飛び込んだため、暫くはその演技力を酷評される時期が続いたが、スタッフが気遣ってそのことをほとんど本人に告げなかったため、自分が下手だという認識はあまりなかったという。ただ、当時から先輩の島本須美にオーディションの最終選考で敗れる事がしばしばで、後には島本に対して「いつも自分の前を行っていた」・「オーディションで会うと諦めていた」・「敵わないと思った」などの発言を残している。, 『よろしくメカドック』の現場で「今度、こういうオーディションがあるから受けてね」と言われて受けた作品が『タッチ』だった[4]。オーディションを経てメインスタッフの「下手だけどこの子に賭けてみよう」という育成目的も込めた意図でヒロイン・浅倉南役に抜擢される。監督の杉井ギサブローによると「声質が南ちゃんのイメージに近かったこと。声優としてのキャリアが少なく、喋り方が声優っぽくなかったこと」を理由に挙げている[4]。, アフレコ現場では、共演していた林家こぶ平(現・林家正蔵)と共に上杉達也役の三ツ矢雄二を始めとする先輩声優や、音響監督の藤山房伸から毎回厳しい演技指導を受け、時にプレッシャーを感じることもあった。当初はキャリアが少ないということで我慢していたが、拙い演技が続くのを見かねた三ツ矢から「下手くそ!