Amazonで注文したい商品が「あわせ買い対象商品」と表示されていて注文ができないといったことがありませんか?あわせ買い対象商品とは、一定の条件を満たさなければ購入できない商品です。この記事では、あわせ買い対象商品を購入する方法を紹介していきます。, Amazonには安い商品がたくさんあり、実際の店舗で購入するよりAmazonで購入した方が安いというケースもあり、Amazonでのショッピングはとてもおすすめです。, 数百円などの安い商品についていることが多いと思います。「あわせ買い対象商品」って何?と疑問に思っていたユーザーの方もいらっしゃると思います。 「あわせ買い対象商品」の条件は一般会員のユーザーの方と同じです。, またAmazonの定期おトク便を利用しているユーザーの方も「あわせ買い対象商品」は対象に含むことができないので注意してください。, 下記のリンクをクリックすると「あわせ買い対象商品」の検索結果が表示されます。気になるユーザーの方はぜひご覧になってください。, Amazonのあわせ買い対象商品を購入する際の注意点は、購入金額です。例えば900円の「あわせ買い対象商品」と1,000円のあわせ買い対象外商品をカートに入れ購入しようとします。 当然2,000円以上じゃないので「あわせ買い対象商品」は購入できず、1,000円のあわせ買い対象外だけ購入する形になります。, 「あわせ買い対象商品」は「あとで買う」に保存されます。「カートに戻す」をクリックしないとカートには戻らないので購入の際には気を付けてください。, Amazonの二段階認証はセキュリティを強化するという面では重要ですが、いちいちSMS認証を行うのはめんどくさいため、解除したいと思う方もいるかもしれません。この記事では、 Amazonの二段階認証を解除する方法を紹介します。, Amazonをスマホから開いたら、モバイルサイトではなくPCサイトが表示されてしまい困ってしまったことはありませんか?スマホ表示にしないとかなり見づらいですよね。この記事では、AmazonをPC表示からスマホ表示に戻す方法をご紹介しています。, Amazonの商品を注文したら勝手に家の前に置き配にされていたという経験はありませんか?特に高価な買い物をした際は家の前に商品が放置されるのは心配ですよね。この記事では、Amazonの商品が勝手に置き配されるのを防ぐ方法を紹介します。, Amazonで商品を注文したら、いつ届くのか気になって配送状況を確認する方もいるでしょう。ですが、商品の中にはAmazonで配送状況を確認できないものがあります。今回はAmazonで配送状況確認できない時の対処法を紹介します。, Amazonで身に覚えのない確認コードが急に送られて来たことはありませんか?セキュリティコードが何度も送られてくる場合は不正アクセスの被害に遭う可能性があります。この記事では、Amazonで身に覚えのない確認コードが送られてきた時の対処法を紹介します。, Amazonでのショッピングに利用できるAmazonギフト券を購入することができます。そんなAmazonギフト券はチャージタイプを購入することでお得になることを知っていますか。今回はAmazonギフト券のお得な買い方や購入する際の注意点を解説していきます。, Amazonで身に覚えのない請求が来た場合、不正利用や不正請求の可能性がありますが、一方で自分が契約しているコンテンツの請求である可能性があります。この記事では、Amazonから身に覚えのない請求が来た時の対処法を紹介します。, Amazonパントリーは飲食品や日用品を1個単位から購入できるAmazonのサービスです。ですが、Amazonパントリー使いたくないときがあり、使わない方法が知りたい人もいるでしょう。そこで今回はAmazonパントリーを使わない方法があるのか紹介します。, Amazonで商品を購入しようとしたら、在庫切れで買えないということもありますよね。その場合は、入荷通知を受け取るように設定して再入荷時に購入できるようにしましょう。この記事では、Amazonで在庫切れの商品が入荷した際に通知を受け取る方法をご紹介しています。, Amazonで毎日行われているタイムセールの商品を効率的に検索する方法をご紹介しています。せっかくタイムセールで商品をより安くゲットするチャンスなので、該当する商品だけを検索できたら嬉しいですよね!Amazonをよく利用する方は、ぜひ参考にしてください!, Amazon「クレジットカードの利用承認が得られませんでした」の原因と対処法を紹介!, 【PC/スマホ】Amazonでアカウントを削除する方法と削除する前の注意点を解説!. 「あわせ買い対象商品」は買えないの?どうしたら購入できるの?というユーザーの為に今回は、Amazonの「あわせ買い対象商品」を購入する方法を解説します。, 「あわせ買い対象商品」は購入できないの?と思っているユーザーもいらっしゃると思いますが、購入することはできます。しかし1つ条件があります。その条件はAmazonから発送する商品を合計で2,000円以上にするという事です。, 2,000円以上って「あわせ買い対象商品」じゃないとダメなの?不便だしちょっとうざいな・・・と思うユーザーもいらっしゃるかもしれませんが、Amazon.co.jpが発送する商品なら「あわせ買い対象商品」以外の商品でも大丈夫です。, プライム会員ならわざわざ2,000円以上購入しなくてもいいのでは!?と思うユーザーの方もいらっしゃるかもしれませんが、プライム会員のユーザーの方でも「あわせ買い対象商品」を購入する場合はAmazon.co.jpから発送される商品を合計2,000円以上購入する必要があります。 アマゾンのあわせ買いって不便!2000円以上まとめないと買えないってどういうこと?, 【関連記事】 >>>amazonのあわせ買い対象が買えない?プライム会員でも同じ?, 最近は宅配便の送料もアップ、梱包材料なんかも値上がりしてますからね、Amazonも少しでも客単価をアップしたいのでしょう。, Amazonではたっくさんの商品を扱ってるから、そりゃ探せば買うものはあるでしょう。だけど、あわせ買いのためにあといくら、って考えるのって結構めんどくさいんですよね。, そこで今回は、このあわせ買いの不便!を解消すべく、お安い商品を簡単に探す方法をご紹介します。, Amazonのあわせ買いで一緒に購入する商品は、なにも「あわせ買い対象商品」から選ばなくても大丈夫です。, あわせ買い対象商品はAmazonの中で決まっていて、「あわせ買い対象商品」と明示されています。 これは、いくら以下なら必ず対象、といったような明確な基準はないみたい。カテゴリーもいろいろ。, でも、合計2000円以上にするために選ぶ商品は「Amazonが発送する商品」ならどれでもいいんです。, これを踏まえて、あわせ買いで一緒に買う商品を誰でも簡単に探して不便を解消する方法をいくつかご紹介します。, Amazon初心者のかたでもわかりやすいように丁寧に解説しているので説明は長いですが、操作はごくごく簡単です。, 以下のリンクから、あわせ買い対象商品各ジャンルの500円未満で買えるものだけを見ることができます。, ただこちら、Amazonで表示している画面なのですが、なぜかあわせ買いの対象でないパントリーの商品も表示されてしまいます。以下の表示のある商品には気をつけましょう。, パントリーと表示のある商品はAmazonパントリー専用商品なので、あわせ買い商品と一緒に購入することができません。なので除外しましょう。結構な数あって邪魔なんですけどね。, [su_note note_color=”#e7dbfd” text_color=”#0d0d0f”][/su_note], 例えば、この洗剤は現在、Amazon定期おトク便で310円とありますが、通常の購入なら344円となっていて、プライムのロゴマークが付いています。, この商品をクリックすると商品詳細が表示されて、注文ボタンの欄は以下のようになります。, このように、あらかじめ定期おトク便のほうにチェックが入っていますが、あわせ買いで一緒に購入する場合は、「通常の注文」を選べば大丈夫。あわせ買いの不便も解消できます。, Amazonでは、商品を検索しているときに、価格帯での検索ができるのですが、この金額が0円から1500円とか範囲が大きいんですよね。↓こんな風に。, 数百円のものを探したいときにはこれでは絞り込みが甘いわけです。だってamazonの商品って数が半端ないですからね、1500円以下の商品なんていっくらでもありますよ。, ここで上から2番目にある「価格の安い順」を選択すると、その商品の価格が安いものから並べ替えてくれます。, このように表示された商品の中にはいろんなマークが付いています。あわせ買いのために購入するものを探しているので、, のいずれかからあわせ買いする商品を選びます。 パントリーと定期おトク便というマークのあるものについては、先述の通り気をつけてください。定期おトク便でも通常の注文なら合算できます。, ちょっと説明は長くなりましたが、この選び方なら、好きなジャンルで数百円の商品をズラッと並べて検索することができます。 今回は洗剤で検索しましたが、「ボールペン」とか「電池」とか 「ティッシュ」とか気になるものを検索することができます。, この検索では、あまりに大きなカテゴリーだと、「並べ替え」というのが表示されません。, 例えば「文房具」とか「家電」だとジャンルが大きすぎるので、並べ替えという欄が表示されません。「文房具」なら「ボールペン」とか「消しゴム」で、「家電」なら「電池」とか「電球」なんかで検索すれば表示されます。, 大きなカテゴリーだと、並べ替えができないので、小さなカテゴリーを見つけないといけません。 自分でサッと思いつくものがあればいいのですが、迷うようなときは、Amazonのカテゴリーの画面を見てみましょう。, Amazonの画面で表示される検索窓の左側でカテゴリーを選べます。ここで選べるのは大きなカテゴリー。, この大きなカテゴリーから、例えばドラッグストアのカテゴリーを選んで、検索窓は空欄のままで検索ボタンを押してみます。, すると、画面左側にドラッグストアカテゴリーの中のさらに小さいカテゴリーがずらりと並びます。, このたくさんのカテゴリーから気になるものをクリックすれば、そこで並べ替えという表示が出てきます。, 最初はちょっと面倒に感じますが、こうした方法を知っていれば、商品探しの不便もかなり解消されて、サクッと見つけられるようになります。, でも、このようにサクッと簡単に「安い商品を、好きなジャンルから」探すことができれば、買い忘れていたあれもこれも見つけて一緒に購入できたりして、逆に便利になるかも。, 2000円以上というのは、amazonの発送する商品ならどれと組み合わせてもOKですので、今回ご紹介した商品の中からサクッと探してみてくださいね。, amazonのお支払いにはamazonギフト券チャージがお得です。 >>>Amazonのギフト券、はじめての現金チャージで1,000ポイントもらえます!, Amazon コンビニの支払いができない!選択できない?手数料なし現金払い、2つの方法.