どっちにしろもう少し分かりやすく警告してほしい…インプラント不安定みたいなのは状態異常で出るから完全に油断してたわ… 514 なまえをいれてください 2018/12/03(月) 00:40:35.91 ID:xk7XKtuC and by him denominated Columbium”, https://books.google.com/books?id=ylZwOmyBA7IC&pg=PA32#v=onepage&f=false, https://books.google.com/books?id=SzUPAQAAIAAJ&pg=PP284#v=onepage&f=false, “An analysis of a mineral substance from North America, containing a metal hitherto unknown”, https://books.google.com/books?id=c-Q_AAAAYAAJ&pg=PA49, “Eigenschaften und chemisches Verhalten des von Charles Hatchett entdeckten neuen Metalls, Columbium”, https://books.google.com/books?id=wSYwAAAAYAAJ&pg=PA120, https://books.google.com/?id=UupHAAAAIAAJ&pg=PA523&dq=columbium+discovered+by+Hatchett+was+a+mixture+of+two+elements, https://play.google.com/store/books/details?id=MFILAAAAYAAJ&rdid=book-MFILAAAAYAAJ&rdot=1, “Ueber die Zusammensetzung der Tantalite und ein im Tantalite von Baiern enthaltenes neues Metall”, http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k15148n/f327.table, “Ueber die Säure im Columbit von Nordamérika”, http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k15155x/f586.table, “Recherches sur les combinaisons du niobium”, http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k34818t/f4.table, “Observation of a Martensitic Structural Distortion in V, Nb, and Ta”, http://link.aps.org/doi/10.1103/PhysRevLett.107.075503, “The NUBASE Evaluation of Nuclear and Decay Properties”, http://elementsmagazine.org/archives/e4_2/e4_2_dep_mineralmatters.pdf, “Geochemical alteration of pyrochlore group minerals: Pyrochlore subgroup”, http://www.minsocam.org/msa/AmMin/TOC/Articles_Free/1995/Lumpkin_p732-743_95.pdf, “'Monopólio' brasileiro do nióbio gera cobiça mundial, controvérsia e mitos”, http://g1.globo.com/economia/negocios/noticia/2013/04/monopolio-brasileiro-do-niobio-gera-cobica-mundial-controversia-e-mitos.html, “Magris Resources, officially owner of Niobec”, http://niobec.com/en/2015/01/magris-resources-officially-owner-of-niobec/, “Progress in Niobium Markets and Technology 1981–2001”, https://web.archive.org/web/20081217100553/http://www.cbmm.com.br/portug/sources/techlib/science_techno/table_content/images/pdfs/oppening.pdf, “The Production of Ferroniobium at the Niobec mine 1981–2001”, https://web.archive.org/web/20081217100559/http://www.cbmm.com.br/portug/sources/techlib/science_techno/table_content/sub_1/images/pdfs/start.pdf, USGS Minerals Information: Niobium (Columbium) and Tantalum, “Niobium: Future Possibilities – Technology and the Market Place”, https://web.archive.org/web/20081217100604/http://www.cbmm.com.br/portug/sources/techlib/science_techno/table_content/images/pdfs/closing.pdf, “Development and Production of High Strength Pipeline Steels”, https://web.archive.org/web/20150605054604/http://www.europipe.com/files/ep_tp_43_01en.pdf, “Niobium alloys and high Temperature Applications”, https://web.archive.org/web/20081217080513/http://www.cbmm.com.br/portug/sources/techlib/science_techno/table_content/sub_3/images/pdfs/016.pdf, “Low-cost Launch Opportunities Provided by the Falcon Family of Launch Vehicles”, https://web.archive.org/web/20120315135217/http://www2.nspo.org.tw/ASC2008/4th%20Asian%20Space%20Conference%202008/oral/S12-11.pdf, http://edmsdirect.desy.de/edmsdirect/file.jsp?edmsid=D00000001021265&fileClass=native, http://cerncourier.com/cws/article/cern/59319, 10.1002/(SICI)1099-1638(199803/04)14:2<79::AID-QRE163>3.0.CO;2-Y, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1502062/, “Bonelike apatite formation on niobium metal treated in aqueous NaOH”, http://www.springerlink.com/content/l5613670648017wp/, “Characterization of metallic piercings that caused adverse reactions during use”, http://www.springerlink.com/content/575x64408lnk560j/, 25 Euro – 150 Years Semmering Alpine Railway (2004). 22時からark2次戦争の流れからの!tekダンジョンにトライブの垣根を飛び越えての大規模メンバーで挑戦するぜ!! ゲー cheat GiveItemNum <アイテム番号> <量> <質> 「cheat GiveItemNum 1 1 1 0」で原始的なピストルが1つ入手できます。 ただし仕様変更?がたまにあるようです。 番号がずれている場合があるので注意ください。 「cheat GiveItemNum 460 1 1 0」まで再調査済(2020/3/5)。 1:原始的なピストル 2:原始的なアサルトライフル 3:ロケットランチャー 4:シンプルな弾 5:原始的弓(石の矢) 6:グレネード 32:石の矢 42:C4リモート起爆スイッチ 43:C4爆弾 46:ワイヤートラップ爆弾 57… レックスは攻撃が当らない死角が結構あるから、レックス同士ぶつけるより中型や飛行型で, ベールゼブフォのブリーディングがしたいんですが、人間の足がつくぐらいの水深でもブリーディング可能ですか?, エクスティンクション、北側の外周部を飛んでたら急に視界が白くなって乗ってたタペヤラも自分も即死したんだけど、これはバグですか仕様ですか, フクロウのフンて肥やしに良いって書いてあるけどだとすると時間で消えないのは不具合なのでは, サーバーを借りてたてて、Arkservermanagerで作ったものを貼り付けたのですが、, アルファ系やリーパークイーンなどを強制テイムした場合他のマップには持っていけますか?, ビーバーダムって一回壊して再生したら時間おいてから覗かないとセメントできないですか?, 公式鯖で至高ユウティラヌスサドル設計図103.6でサドル作ろうとしていますが金属3847と皮12112、繊維9974、真珠3550必要です, 久々にログインしたらtekタペヤラのビームが撃てなくなってるみたいなんですがバグ?それとも仕様?, ダウンロード版で遊んでるんですけど、条件を満たしてもトロフィーの究極の生存者がとれません, シングルのラグナロクで遊んでいるんですがだいぶ前に作った巨大拠点を壊して、かなり縮小したんですがペットも数体に減らしたにも関わらず画面のカクツキが酷いです, extinctionから始めて他マップのエングラムが無いため取りに行こうかと思ってます。, パッチノート見ろよォ!?グーグル翻訳突っ込むだけでもそれくらいわかるだろうがァ!?, https://www.spike-ch...ark/sp/qa/index.html, http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/famicom/1530345089/. 還元して金属ニオブを得る方法としてはいくつかのものがある。フッ化ニオブ酸カリウム K2[NbOF5]と塩化ナトリウムの溶融塩を電気分解する方法、ナトリウムを使ってフッ化物を還元する方法などがある。この方法では比較的高い純度のニオブを得ることができる。大規模な生産では、五酸化ニオブ Nb2O5 は水素または炭素を用いて還元される[36]。アルミノテルミット反応(英語版)では、鉄の酸化物とニオブの酸化物の混合物をアルミニウムと反応させる: この反応を促進させるために硝酸ナトリウムのような少量の酸化剤が添加される。得られるのは酸化アルミニウムと製鉄に用いられる鉄とニオブの合金であるフェロニオブ(英語版)である[56][57]。フェロニオブは60 - 70パーセントのニオブを含む[53]。酸化鉄なしでは、アルミノテルミット反応はニオブの生産にも用いられる。超伝導合金の水準に達するためにはさらなる精錬が必要である。ニオブの2大供給業者が用いている方法は、真空下での電子ビーム溶解法(英語版)である[42][58]。, 2013年時点、ブラジルのCBMMが世界のニオブ生産の85パーセントを占める[59]。アメリカ地質調査所は、ニオブの生産量は2005年の38,700トンから2006年の44,500トンへと増加したと推定している[60][61]。世界のニオブ資源量は440万トンであると推計されている[61]。1995年から2005年までの10年間では生産量は1995年の17,800トンから2倍以上に増加している[62]。2009年から2011年まで年間生産量は63,000トンでほぼ安定していたが[63]、2012年には50,000トンへと減少した[64]。, CBMMは2019年の世界需要を前年比10%増の13万トンと推測している。2018年秋に中華人民共和国で棒鋼の品質基準が引き上げられ、強度を増すため添加されるニオブの需要が急増した。CBMMは、リチウムイオン電池の正極材や負極材向けとしてニオブの需要が今後拡大するという展望を示している[2](「用途」で後述)。, ニオブが商業的に初めて利用されたのは20世紀初めになってからであった。ニオブおよび、ニオブと鉄の合金(60-70パーセントがニオブ)であるフェロニオブ(英語版)の最大生産国はブラジルである。ニオブは主に合金として用いられ、ガスのパイプラインなどに用いられる特殊合金が最大の用途である。こうした合金は最大でも0.1パーセント程度のニオブを含有するだけであるが、このわずかなニオブにより鋼鉄の強度を増大させる。ニオブを含む超合金の温度安定性の高さから、ジェットエンジンやロケットエンジンといった用途が重要である。, ニオブは様々な超伝導材料に用いられる。こうした超伝導合金は、チタンやスズも含むものが、核磁気共鳴画像法 (MRI) の超伝導電磁石に広く用いられている。ニオブのその他の用途として、溶接、原子力産業、電子、光学、貨幣、宝飾といったものがある。貨幣と宝飾の用途では、毒性が低いことと、陽極酸化処理により虹色を呈することが、非常に望ましい特性として利用されている。, 2006年に生産されたニオブ44,500トンのうち、推定で90パーセントは高級構造用鋼鉄の生産に用いられた。2番目の用途は超合金の生産である[66]。ニオブ合金による超伝導体や電気部品などでのニオブ消費は、世界のニオブ総生産量のほんのわずかな部分を占めるに過ぎない[66]。, ニオブは鋼鉄にマイクロアロイ(英語版)(少量を添加して性質改善を行う)を行う上で有用な材料であり、鋼材内では炭化ニオブや窒化ニオブを形成する[10]。こうした化合物は細粒化を改善し、再結晶化と析出硬化を遅らせる。こうした効果により、硬度・強度・成形性・溶接性などを改善する[10]。マイクロアロイを実施したステンレス鋼に含まれるニオブは少ないが(0.1パーセント以下[67])、現代の自動車に構造上広く用いられている高張力鋼にとって重要な添加剤である[10]。, 多くのニオブがニッケル、コバルト、鉄をベースとした超合金に用いられており、その含有比率は6.5パーセントにも達する[67]。ジェットエンジン部品、ガスタービン、ロケット部品、ターボチャージャー装置、耐熱部品、燃焼設備などに用いられる。ニオブは超合金の粒状組織内において、γ''相の硬化を促進する[70]。, 超合金の一例として、インコネル718があり、おおむね50パーセントのニッケル、18.6パーセントのクロム、18.5パーセントの鉄、5パーセントのニオブ、3.1パーセントのモリブデン、0.9パーセントのチタン、そして0.4パーセントのアルミニウムで構成されている[71][72]。こうした超合金はたとえば、ジェミニ計画における先進的な機体システムなどで用いられた。ニオブの合金は他に、アポロ司令・機械船のノズルにも用いられた。ニオブは摂氏400度以上になると酸化されるため、こうした用途では合金が脆くならないように保護コーティングが必要となる[73]。, C-103合金は1960年代初頭にワー・チャン(英語版)とボーイングが共同で開発した。デュポン、ユニオンカーバイド、ゼネラル・エレクトリック他数社が、冷戦と宇宙開発競争を背景としてニオブ合金(英語版)を同時期に開発していた。89パーセントのニオブ、10パーセントのハフニウム、1パーセントのチタンで構成されており、アポロ月着陸船のメインエンジンなど、液体燃料ロケットのスラスターノズルに使われている[73]。, スペースXがファルコン9の上段用に開発したマーリン・バキュームシリーズのロケットエンジンのノズルはニオブ合金で作られている[74]。, ニオブは、酸素との反応性のため、真空中または不活性気体中で加工する必要があり、生産の費用と難度を大きく上げる原因となっている。当時新規開発されていた真空アーク溶解(英語版)または電子ビーム溶解(英語版)により、ニオブやそのほか反応性の高い金属に関する開発が可能となった。C-103合金を開発したプロジェクトは1959年に始まり、ボタン状の金属を溶かして板金に圧延できる、256ものCシリーズ(おそらくコロンビウムの頭文字に由来する)の試作ニオブ合金を開発した。ワー・チャンは、原子力用ジルカロイを精製する過程で得られたハフニウムを在庫しており、これを商業用に利用したいと考えていた。Cシリーズ合金で103番目に試したニオブ89パーセント、ハフニウム10パーセント、チタン1パーセントの組み合わせが、成形性と高温特性の点で最適であった。ワー・チャンは1961年に、真空アーク溶解および電子ビーム溶解を用いて、最初のC-103合金500ポンド(約225キログラム)を製造し、インゴットから板金にした。意図されていた用途はガスタービンエンジンや液体金属用熱交換器であった。当時C-103に競合していたニオブ合金としては、ファンスティール冶金製のFS85(ニオブ61パーセント、タングステン10パーセント、タンタル28パーセント、ジルコニウム1パーセント)、ワー・チャンおよびボーイング製Cb129Y(ニオブ79.8パーセント、タングステン10パーセント、ハフニウム10パーセント、イットリウム0.2パーセント)、ユニオンカーバイド製Cb752(ニオブ87.5パーセント、タングステン10パーセント、ジルコニウム2.5パーセント)、およびスペリアー・チューブ製のニオブ99パーセント、ジルコニウム1パーセント合金であった[73]。, ニオブゲルマニウム(英語版)、ニオブスズ、ニオブチタン(英語版)などの合金は、第二種超伝導体としてワイヤーにして超伝導電磁石を作るために用いられる[75][76]。こうした超伝導電磁石は、核磁気共鳴画像法 (MRI)、核磁気共鳴 (NMR) 装置、加速器といった用途に用いられる[77]たとえば、大型ハドロン衝突型加速器には600トンの超伝導撚線が用いられており、ITER(国際熱核融合実験炉)には推定で600トンのニオブスズの撚線と250トンのニオブチタンの撚線が用いられている[78]。1992年だけで、ニオブチタンの巻線を使った病院用のMRI装置がアメリカドルにして10億ドル以上製造された[26]。, 自由電子レーザーのFLASH(中止されたTESLA線形加速器プロジェクトの成果)やEuropean XFEL(英語版)に用いられている超伝導加速(英語版)空洞は、純粋なニオブで作られている[79]。フェルミ国立加速器研究所のクライオモジュール(英語版)チームは、同じFLASHプロジェクトに由来する超伝導加速技術を利用して、純粋なニオブ製の1.3 GHz 9セル超伝導加速空洞を開発した。この装置は国際リニアコライダーの30キロメートルに及ぶ線形加速器でも用いられることになっている[80]。同じ技術は、SLAC国立加速器研究所のLCLS-II計画、フェルミ研究所のPIP-II計画でも用いられることになっている[81]。, 超伝導窒化ニオブで作られたボロメータは高い感度を持っており、テラヘルツ周波数帯における電磁放射の理想的な検知器である。この検知器はハインリッヒ・ヘルツサブミリ波望遠鏡(英語版)、南極点望遠鏡、Receiver Lb Telescope、アタカマ・パスファインダー実験施設(英語版)などで試験され、ハーシェル宇宙望遠鏡に搭載されてHIFI観測機器に用いられた[82]。, 強誘電体であるニオブ酸リチウムは、携帯電話、光変調素子(英語版)、表面弾性波デバイスの製造などに広く用いられている。タンタル酸リチウムやチタン酸バリウムなどと同じように、ペロブスカイト構造を取る強誘電体に属する[83]。ニオブコンデンサ(英語版)は、タンタルコンデンサ(英語版)の代替となりうるが[84]、依然としてタンタルコンデンサが支配的である。高い屈折率を持つガラスを製造するためにニオブが添加され、眼鏡のレンズを薄く軽くすることができる。, ニオブおよびニオブの合金は、生理学的に不活性でアレルギーを起こしにくい。このため、人工装具や心臓ペースメーカーのような埋め込みデバイスに用いられる[85]。水酸化ナトリウムで処理したニオブは多孔質層を形成し、オッセオインテグレーション(骨と金属の接合)に資する[86]。, チタン、タンタル、アルミニウムなどと同様に、ニオブは熱して陽極酸化処理をすることができ、多彩な玉虫色を呈して宝飾用にすることができる[87][88]。アレルギーを起こしにくい性質はこの点でも好ましいものとなっている[89]。, ニオブは記念硬貨において、銀や金などとともに貴金属として利用される。たとえば、オーストリアは銀とニオブのユーロ硬貨のシリーズを2003年から開始し、その色は陽極酸化処理による薄い酸化層が光を回折して呈したものである[90]。2012年には、硬貨の中央に青、緑、茶、紫、黄など様々な色を呈する10種類の硬貨が入手可能であった。さらに、2004年のオーストリアの25ユーロゼメリング鉄道150周年記念硬貨[91]、2006年のオーストリアの25ユーロヨーロッパ測位衛星(ガリレオ)記念硬貨がある[92]。オーストリアの造幣局は2004年開始の同様の硬貨シリーズをラトビア向けに製造しており[93]、2007年にも1種類発行した[94]。2011年にはカナダ造幣局が5ドルのスターリングシルバーとニオブの「ハンターズ・ムーン」という名前の硬貨を製造開始し[95]、ニオブは選択的に酸化されているため、同じ硬貨が2つとないような独特の仕上げとなっている。, ナトリウムランプの高圧発光管の密封材はニオブで作られており、場合によっては1パーセントのジルコニウムを含んだ合金となっている。発光管は、動作中のランプ内に含まれる熱い液体ナトリウムや気体ナトリウムによる化学的な反応や還元に耐えられる半透明材料となる、焼結されたアルミナのセラミックスで作られ、ニオブはこれと非常によく似た熱膨張係数を持っている[96][97][98]。, ニオブは、ある種の安定化ステンレス鋼に対するアーク溶接用の溶接棒として使われ[99]、またある種の水タンクにおけるカソード防蝕システムの陽極側に用いられる。この際、タンクは通常白金でメッキされる[100][101]。, ニオブは、プロパンの選択的酸化によりアクリル酸を生産する際に用いられる、高性能で不均一な触媒の重要な構成要素となる[102][103][104][105]。, 太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」のコロナ微粒子捕獲モジュールの高電圧ワイヤを作成するためにニオブが用いられている[106]。, ニオブには生物学的な役割が見つかっていない。ニオブの細粉は目や肌に対する刺激物であり、また火災の危険もある。一方で、より大きなサイズの塊であれば、化学的に比較的安定で生体に対しても不活性である。また、生体に対してアレルギー反応を誘発しにくい。宝飾品によく用いられ、またある種の医学用の埋め込み物(インプラント)の試作もされてきた[108][109]。, 多くの人にとって、ニオブを含む化合物に接することはまれであるが、毒性のあるものもあり注意して取り扱う必要がある。水溶性の化学物質であるニオブ酸塩や塩化ニオブについて、短期および長期の暴露がラットで実験されている。塩化ニオブまたはニオブ酸塩を単回投与されたラットの半数致死量 (LD50) は10 - 100 mg/kgであった[110][111][112]。経口投与では毒性はより弱く、ラットに対する実験では7日経過後のLD50は940 mg/kgであった[110]。, レアメタルのニオブ 世界最大手のCBMM社 リカルド・リマ副社長 電池向け需要に期待/EV普及にらみ生産拡張, “Outline of the Properties and Habitudes of the Metallic Substance, lately discovered by Charles Hatchett, Esq.