2社目:パッケージのベンダー ・商品説明文の登録 3.ECサイト専用パッケージ「EC-Cube」を使う ②上記URLに対してリダイレクト設定、あるいはリニューアル後にも同じURLを残す 「定期販売の周期を商品毎に決めたい!」 4.ゼロから全て自作する. 2.WordPressのプラグイン「Welcart」を使う ・商品価格の登録 ・一度導入すると、すべてを握るベンダーを変えずらくなる(ECシステムが基幹システム等と同じベンダーの場合), しかし昨今、パッケージやクラウドECの機能や拡張性が格段に向上したため、フルスクラッチを検討する意味がなくなりつつあります。また「餅は餅屋」のように、ECにはECのノウハウがあり、単に技術力がある会社にECシステムを依頼するのはリスクがあります。, 本日は個人と企業のECサイトの作り方の全方式について解説いたしました。どの方式にもメリットとデメリットがあるので、それを踏まえた上で、どのシステムを導入するか検討するのがよいでしょう。なぜなら個人や企業によって、何が許容できて、何が許容できないか?技術力があるのか?など異なるからです。, また、ASP以外のシステムは全てシステムが古くなり、3年後にはECシステムのリニューアルを検討しなくてはならなくなる。もし企業サイトを検討なら、「クラウドEC」のメリットが大きいでしょう。, クラウドECとは、カスタマイズが可能で、システム連携やデザインが自由です。そしてASPのように、常にバージョンアップが自動で行われ、システムが古くなりません。またサーバーの用意も不要です。覚えておきましょう。もし興味あれば、弊社のクラウドECのebisumartの公式ページをご覧ください。. 株式会社インターファクトリーのWebマーケティングシニアアドバイザーとして、ebisumartやECマーケティングの支援、多数セミナーでの講演を行う。, 法人の場合はECサイト制作の依頼先や費用相場は「ビジネスの規模感」で変わってきます。, サイトの年商が高まり、機能が豊富な有料ASPへECシステムを変更する場合は、無料ECサイトで使っているドメインを使えないので、ECサイトのドメイン(URL)を新たに作らないといけない点, WEBマーケーティングのノウハウがないと、ECサイトを成功させることはできないからです。, 現在の「有料ASP」は、非常に多機能でECのフロント機能としては運営面ではほとんど不足がありません, ECサイトは1度導入してしまうと、ECシステムを入れ替えるための費用や労力の負担が大きい, アパレル業界のECサイトが最も多くの機能を要求される分野であり、アパレル企業のEC実績が豊富ということは、それだけ機能が豊富であることの裏付け, 事前調査をしっかり行わないと将来、ECサイトの乗り換えやカスタマイズに必要以上のコストがかかってしまう, 「ebisumart」などのクラウドECやパッケージECでシームレスに連携させることで、作業効率が大幅に向上, 年商1億円以上の企業のECサイトはバックエンド作業の負担を軽くするために、企業の顧客データーベースや、基幹システムなどのシステムとECサイトをシームレスに連携させる必要, カスタマイズするECの要件がクライアント側で定義できない場合は、仕事を断ることもあるのです。, クライアント側のシステムが古く、ベテラン担当者も辞めてしまい、システムや業務フローを把握できいないために、リニューアルが進まない, 凝ったデザインよりシンプルなデザインの方が、ユーザーがネットショッピングにおいて、余計なことを考えないため、購入率の低下を防ぐことができる, 売れ筋(だろうと思われる)商品を中心に写真を複数枚いれたり、商品説明分を充実させてください。, ユーザーがECサイトを見て「確信を得られる(私の求めている商品はこの商品で間違いない!)」説明文を意識するべき, 自社WEBデザイナーや制作会社に依頼して、画面をHTML・CSSを編集し制作することも可能です。, ライターには商品写真を見せて書いてもらう場合と、実際の商品を提供して書かせる場合があります, 年商1億円を超すECサイトの制作の場合は⑤の外部システムとの連携が重要になってきます, 付き合いのある開発会社に依頼するケースがあると思いますが、その開発会社がECのノウハウがないと、大変なことになります。, 出来上がったECサイトには、通常必須とされている「会員登録機能」が無かったのです。, ECシステムベンダーであれば「会員登録機能」を提案されるため、このような事態にはならないはずです。, 結論から言えば「集客」や「SEO」に優れたECプラットフォームなどは存在しません。, ユーザーが会員ログインの際に、自動ログインを行っていたものが、再度ユーザーにログイン認証を求められることになり、既存会員の離脱の原因, ECシステムをリニューアルした際は、会員の離脱が起こらないようにログインを促進するキャンペーンや仕組みを同時に考えておくべき, 手EC事業者では特にレスポンシブデザインを採用しないのがトレンドとなっております。, ECサイトを作ることと、ECサイトで成功することとでは全く違うノウハウが必要となります。, 業界には非常に少ないからです。さらに、そういうったスペシャリストを雇うにしても、それに見合う年収は大手企業など、名の通った企業でなければ困難, 最初から完璧なものを作るのではなく、ある程度のECサイトを制作し「走りながら考えるEC運営」を行っていくこと, SEOで最高の成果を出すために必要な文字数と文字数の増やし方 | forUSERS株式会社. ・商品画像の登録 ・システムが古くなること ・誰でも自分のサイトのソースコードが見られちゃう?ソースコードはきれいにわかりやすく書こう まず、初めてECサイトをつくる方はご自身のビジネス規模を照らし合わせて、下記の費用相場を参考にしてください。 ◆初めてECサイトを制作すときの費用相場 ※ASPも厳密にはクラウドECに入りますが、ここではebisumartのような「フルカスタマイズ可能なクラウドEC」をクラウドECと定義します。 ② ECサイトの基本的なWEB広告と優先順位の解説 Fax番号:03-5363-1967, ・誰でも自分のサイトのソースコードが見られちゃう?ソースコードはきれいにわかりやすく書こう, 【SNSがD2Cの鍵を握る!】売上を200%伸ばせる! ・商品の在庫数の登録, 登録作業のよくある間違いは「SEO」を意識して、特定のキーワードを商品説明文に不自然に登録させるようなことです。10年以上前なら、効果はあったかもしれませんが、昨今のGoogleの検索アルゴリズムには通用しませんので、検索順位が上がることもありません。, そんなことをするよりも、商材ページに来てくれたユーザーが「どんな人(主婦なのか?50代男性なのか?)」で「どんなことを気にするのか?」を想像し、ユーザーがECサイトを見て「確信を得られる(私の求めている商品はこの商品で間違いない!)」説明文を意識するべきだからです。これこそがWEBマーケティングなのです。, 画面や商品の用意ができたら自分で商品を実際に購入にしてみて、注文までの流れを「購入者」と「運営者」の両方の観点から確認してみましょう。ASPに用意されているクレジットカード決済は、キャンセル機能がありますので、コストをかけないで、テスト注文を行うことができます。, 実際の注文が来ても慌てないように事前に注文手順を確認しておきましょう。また、無料カートであっても、クレジットカード決済以外にも、代引き決済や後払い決済などが用意されている場合があります。ユーザーが利用する全ての決済方法で予行練習をしておきましょう。, ASPの利用のコツは「自社の運用フローをASPに合わせる」ことです。機能に制限があると言われているASPですが、ECとしての基本機能は充実しております。自社固有の業務フローをどうやって、ASPのシステムに合わせることができるかが?運営をスムーズにするコツです。, 2社から3社の有料ASPの資料を取り寄せたり、あるいは打ち合わせを行いASPベンダーを選定します。この時「あれもこれも実現」したいというのは、カスタマイズができないASPでは無理がありますから、下記の例のように要件を事前に決めておき、要件に優先順位をつけて、, 「画面は自社のデザイナーで自由に作りたい!」