ダルビッシュ有選手が本当に伝えたいこと。 このツイートでダルビッシュさんがほんとに言いたいことは、HMBの効果があるという分けではないと思います。 HMBに対して、過剰広告がたくさん出されていて、さらに、HMBに対する効果がないという論文も世の … [注11] Body composition in 70-year-old adults responds to dietary beta-hydroxy-beta-methylbutyrate similarly to that of young adults. ※11): “β-hydroxy-β-methylbutyrate ingestion, Part I: effects on strength and fat free mass” Medicine & Science in Sports & Exercise: December 2000 - Volume 32 - Issue 12 - p 2109-2115, ※12): “β-hydroxy-β-methylbutyrate ingestion, Part II: effects on hematology, hepatic and renal function” Medicine & Science in Sports & Exercise: December 2000 - Volume 32 - Issue 12 - p 2116-2119, ダイエットを少しでも効率的に行いたいけど、どうすればいいのか迷ってしまいますよね。, ダイエットサプリには、「吸収を抑える系」「脂肪燃焼系」「腸活系」「体質改善系」「アミノ酸系」とさまざまな種類があります。, 各サプリの特徴や自分に合った選び方をカンタンな一覧表にまとめましたので、あなたのダイエットに合わせたサプリを一発で見つけられます。, 実際、私もダイエットサプリを活用して12年間のリバウンドを脱出でき、その後8年間リバウンドなしの生活を続けています。, 「とりあえずどんな種類のサプリがあるのか知りたい」という場合でもOKなので、まずは気軽に確認してみてくださいね。, 漢方薬は、効果・効能が認められた第2医薬品ですから、いままでダイエットサプリで実感できなかった人や何を試しても落ちなかった手ごわいお腹の脂肪の対策をしたい人にはもってこいの商品です。, また、すでに漢方を試してみようと検討している人にとって、満量処方である生漢煎 防風通聖散は、市販の1/2処方に比べて魅力的です。, ナイシトールやツムラを超えた生漢煎 防風通聖散のネット上に公開されている全口コミ56件が真の実力を示しています。, つまり、それだけダイエットに悩んでいる人たちの悩みと不安を解消している何よりの証拠。, 食後の血糖値が気になる方のタブレットは、機能性成分サラシア由来サラシノールが糖の吸収を抑え、食後の血糖値上昇を緩やかにする機能が確認されているので、炭水化物が大好きな方や食後の血糖値が気になり始めた方にはもってこいの商品。, センシニティカプセル バーニングレッドは、脂肪燃焼をサポートしながら「あ、効いてる!」体感できるとサプリです。, 実際に燃えている感覚を体感できることで、ダイエットに対するモチベーションも上がり、ダイエットは辛いものではなく、楽しく、結果にワクワクするダイエット環境を提供してくれるサプリメントです。, ダイエットはどうしても我慢の連続だったり、不安が大きくなったりと、ストレスのかかることが多いのも事実。, しかし、センシニティカプセル バーニングレッドは体重・体脂肪に対するサポートだけでなく、ダイエット中のストレスや不安までも一掃してくれる、ダイエットの強い味方になってくれることを全口コミ81%の人が感じています。. ※3): Van Koevering M, Nissen S. Oxidation of leucine and alpha-ketoisocaproate to beta-hydroxybeta-methylbutyrate in vivo. [注9] Effect of Calcium β-Hydroxy-β-Methylbutyrate (HMBカルシウム), Vitamin D, and Protein Supplementation on Postoperative Immobilization in Malnourished Older Adult Patients With Hip Fracture: A Randomized Controlled Study. [注6] HMB attenuates muscle loss during sustained energy deficit induced by calorie restriction and endurance exercise. PFCバランス管理+筋トレ+サプリ活用で体脂肪率14%減に成功し、その後8年リバウンドなしで生活できるようになりました。, 【本質を論理的に行動に落とし込む=脂肪燃焼できる】と自らのダイエット経験から確信!, 心と脳を高確率でハックして、体脂肪を燃焼する思考を昔の私のようにダイエットで悩んでいる人に教えてあげたいとこのサイトを作りました。, 最近では、有名人・著名人を起用して大きく宣伝をしているHMB総合サプリメントが増えてきています。, しかしながら、口コミやレビューを見てみると「HMBは効果なし!」といったコメントも多く見受けられます。, スポーツ栄養学に関する世界最大の国際非営利団体組織である国際スポーツ栄養学会でも、厚生労働省でも正式にHMBに関する公式声明を発表しています。, また、自分のカラダを実験台にして研究論文で報告されていることを実際に試した結果、体脂肪量1.6kgを減らし、代わりに0.8kgの徐脂肪体重を増やす肉体改造に成功することができました。, この記事では、HMBが効果なしと言われてしまう原因について考察し、HMBの効果を実感するために必要な情報を詳しく紹介します。, 実際に私がHMBを摂取して気付いたことや感じたことなどの体験記を踏まえながら、多く語られない「HMB効果」の真相に迫ってみたいと思います。, HMBを摂取しても効果がないと考えてしまう人の多くの方が、HMBとはどのようなものかをしっかりと理解していません。, そもそも、HMBの効果があるのかないのかを判断するためには、HMBがどのようなものかを知らなければ、正しく判別できません。, 口コミやレビューで「HMBは効果なし!」とコメントしている人に当てはまる共通点を見つけました。, HMBはプロテインとは異なり、すぐに感じられる効果が体感しづらいので、最初のうちはHMBに効果があるのか分かりづらいです。, なぜなら、HMBは筋肉を形成する、つまり、HMBは筋タンパク質の合成を活性化して筋肉の分解を抑制するはたらきをもつ成分だからです。, プロテインは筋肉を形成するために必要なタンパク質で、言い換えれば、筋肉を作るための材料です。, HMBとプロテインの関係は工事現場で言う現場監督(HMB)と作業者(プロテイン)のようなものです。, どんなに優れた現場監督が何人いたとしても、実際に作業をする人がいなければ、工事は予定通りに終わることはありません。, HMBは筋タンパクの合成を促すものであり、筋肉そのものをつくる材料ではありません。, 逆に言えば、しっかりとプロテイン(タンパク質)を補いながらHMBを摂取し、運動や筋トレを行うとあきらかにHMBの効果を実感できるようになります。, 前述の通り、HMBは「筋肉を作りなさい」と指示は出しますが、筋肉が成長するための刺激がなければ筋肉は成長しません。, 繰り返しになりますが、HMBは筋トレによる筋肥大の効果を促進し、筋肉がつきやすくするためのものです。, それゆえ、一切の筋トレ(運動)をしない状態でHMBだけを摂取しても、まったくもって意味はありませんし、効果はゼロです。, たとえば、転んでひざをすりむいてしまったときに、下痢止めの薬を飲む人はいないと思います。, 摂取する量が足りなくても効果は出ませんし、逆に多く摂り過ぎても効果が出ないことが研究結果から報告されています(詳しくは後述いたします)。, たしかに、HMBを飲んですぐに期待する効果が現れるのではと思いたくなる気持ちもわかります。, せっかくHMBを飲むのですから、すぐにカラダが変化することに期待してしまいますよね。, なぜなら、HMBはサプリメントであり、効果が現れるまでにはそれなりの期間が必要です。, HMBの効果を実感するためには、ある程度まとまった期間の摂取が必要です(詳しくは後述いたします)。, サプリメント先進国であるアメリカでは、「HMBの父」と呼ばれているアイオワ州立大学Steven L Nissen教授の1996年の研究報告結果(※1:S. [注10] Synergistic effects of leucine and resveratrol on insulin sensitivity and fat metabolism in adipocytes and mice. ※8): Med Sci Sports Exerc 38(Suppl 5); S550-S551, 2006. 2014)でした。, この論文では、HMB-Caに関する研究は数多く報告されているが、HMB-FAの長期間にわたる効果を実証する研究報告がなかったため、実際にHMB-FAの効果を実証したと述べられています。, 除脂肪体重が同じレベルになるように被験者をHMB-FAを摂取するグループと偽薬(HMB-FAと同カロリーになるように調整されたコーンシロップ)を摂るグループの2つのグループに分け、食事も被験者全員が同じ栄養バランス(タンパク質25%、脂質25%、炭水化物50%)になるように管理され、12週間のトレーニング(途中2週間はオーバートレーニングを行う)を実施。, このとき、HMB-FA、偽薬とも1回1gを3回(トレーニングの30分前、昼食時、および夕食時)に分けて摂取しました。, この研究結果より、HMB-FAを摂取しながらトレーニングをしっかりと行うことで、除脂肪体重、筋肥大、筋力とパワーが増加することが示されました。, それだけでなく、更にきついオーバートレーニングを行ってもHMB-FAを摂取することでパフォーマンスの低下を防止することができると結果が示しました。, HMB-FAを摂取しながらしっかりと運動(筋トレ)を行うことで、筋肥大と筋力アップ、さらには体脂肪を筋量を落とすことなく減らすことができる。, この研究結果の論文を読んでから、物は試しと早速HMB-FAサプリメントを購入し、自分のカラダで人体実験を行ってみました。, 私が実際に使ったサプリメントは、MuscleTech社のCLEAR MUSCLE:クリアマッスルです。, クリアマッスルはMTI社製のBetaTORと呼ばれる遊離酸型のHMBを使ったHMB-FAサプリメントです。, BetaTORに関する詳細は、MTI社のホームページでも確認できますが、ここでは解説動画を紹介いたします。前述のHMB-FA研究報告を行ったJacob M Wilson教授が解説しています。, HMB-Caのサプリメントは粉末状、もしくは錠剤がほとんどですが、HMB-FAのサプリメントは、液状のカプセルになっています。, この結果を見てわかることは、HMB-FAサプリメントを摂取していないモニター期間(0~3週目)では、筋トレで体脂肪の減少は確認されましたが、徐脂肪体重の推移がほとんど見られませんでした。, これはPFCバランスを一定に保つため、炭水化物の摂取割合が減り、低糖質の効果+筋トレで体脂肪が減ったものと思われます。, しかし、炭水化物の摂取量が減っているため、筋トレで同じ重量を持ち上げるにも、ややパワー不足を感じました。, 低糖質+筋トレの効果で、体脂肪は徐々に減っていましたが、HMB-FAサプリメントを摂取して1か月では、徐脂肪体重の変動は見られませんでした。, 体脂肪量がおよそ1kg減少しながら、徐脂肪体重がおよそ1kg増えた結果がグラフに示されている通り、同じ食事内容・同じ筋トレメニューにもかかわらず、パワー不足は感じることなく、逆に最大レップ数が更新しました。, これは、体脂肪が1kg減少しているにもかかわらず、徐脂肪体重が1kg増加したことによる見栄えが良くなったことが、目で見てもわかる変化を感じさせたのだと思います。, HMB-FAサプリメントを摂取するようになって4週間が経過したあたりから徐脂肪体重は増えているにもかかわらず体脂肪はどんどん減っているという、ダイエットの理想形に近い傾向が確認されました。, これは、実証された研究結果と同じ効果が得られたことを私のカラダが証明したことになります。, 以上の結果より、私はHMB-CaでもHMB-FAでも実際にHMBサプリの効果を体験することができました。, それでは、実際にHMBをどのように摂取するのか、具体的な方法について確認していきましょう。, 前述のHMBの血中濃度を示すグラフからもわかる通り、HMBは摂取してからおよそ200分で血中のHMB濃度をピークに持っていくことができます。, HMBが体中に行き渡った状態で筋トレ(運動)を行うことで、HMBの効果を最大限に発揮してくれます。, ここから逆算して考えると、HMBはトレーニングや運動の1~2時間前に摂取することで、HMBの血中濃度のピークとトレーニングのピークを合わせることができ、HMBの効果を最大限に有効活用できます。, HMBに関する研究論文の結果、および私の実体験レポートでも紹介したように、HMBは3gを小分けに摂取したほうが効果が高いことがうかがえます。, これは、血中のHMB濃度を1日を通して高く保つことで、HMBの効果を最大限に発揮できるからです。, たとえば、朝トレーニングをする方であれば、トレーニングの1時間前に1回、昼食時に1回、夕食時に1回と3回に分けて1gずつ摂取すると効果的です。, HMBの効果を強くしようと「たくさんHMBを摂取すればよいのでは?」と考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。, ところが、HMBの摂り過ぎは筋肉合成を促進する効果が発揮できないことがボールステイト大学で実施された研究論文(※11、12)で紹介されています。, HMBは摂り過ぎても逆効果ですので、摂り過ぎには注意して用量を守って使用しましょう。, 事の始まりは1つの研究論文との出会いでしたが、そこから私は結果として体脂肪量1.6kgを減らし、代わりに0.8kgの徐脂肪体重を増やす肉体改造に成功することができました。, もちろん、個人差はあると思いますが、少なくとも私にはHMBサプリメントはダイエットに有効であったことが実証されました。, HMBサプリメントは正しく摂取することで、筋肉を増やしたい人にもダイエットにも有効であると実感しています。, 私は今回の実験のためにプロテイン、BCAAとHMBサプリメントをそれぞれ別々に摂取していました。, また、前述の通り、HMBはあくまでも筋肉を合成しやすくするためのスイッチであり、筋肉を成長させるためにはその材料となるタンパク質(プロテイン)が必要不可欠です。, もし、あなたがHMBサプリメントを試してみたいのなら、プロテインやEAA(必須アミノ酸)にHMBが配合されている総合サプリメントであれば、コスパがよく、筋肉の材料であるタンパク質(アミノ酸)を同時に摂れるのでおすすめです。, この記事を読むことで、HMBを試してみようかなと考えている方の悩みを解消し、実際にHMBを試してみるきっかけとなれば幸いです。, ※1): “Effect of leucine metabolite β-hydroxy-β-methylbutyrate on muscle metabolism during resistance-exercise training” S. Nissen, R. Sharp, M. Ray, J. ※6): “Effect of β-hydroxy-β-methylbutyrate Supplementation during Energy Restriction in Female Judo Athletes.” Journal of Exercise Science & Fitness Volume 8, Issue 1, June 2010, Pages 50-53, ※7): Am J Physiol Endocrinol Metab 293;E923-E931, 2007. 2014; 114(6): 1217–1227. 1992; 262: E27-31. Am J Physiol Endocrinol Metab. このページでは、HMBの効果について行なわれた研究や試験、論文などを紹介。科学的根拠(エビデンス)から、効果を検証してみました。サプリメント選びの前に、どんな根拠があるのか知っておきましょう。※サプリメントの効果を保証するものではありません。また、マウスによる実験はヒトでも同様の効果が得られるとは限りません。, 4~6週間でHMB補給による効果がみられたデータHMBの筋肉分解抑制効果についてアメリカで行なわれた2つの研究があります。, 1つめの研究では、HMBを0g・0.5g・3.0gをたんぱく質レベルが正常の者と高い者に3週間与え、運動時の筋肉分解の量を測定。結果、0gの群と比べHMBを摂取していた2つのグループは運動時の筋肉の分解量が減少しました。, 2つ目の研究では、脂肪をのぞいた体組織の量についてです。研究では、0gまたは3.0gのHMBを7週間投与し、違いを比較。すると、HMBを投与されていた群は、投与されていない群に比べて体組織量が増えました。[注1], イスラエルで行なわれた、スポーツ選手がHMBを摂取するメリットについての研究です。, 青年期のバレーボール選手(13歳~18歳)の男女28人を2グループに分け、片方にはHMB3.0gもう片方にはプラセボ(偽薬)を摂取させ、運動機能の比較試験が行なわれました。結果、HMBを摂取していたグループは、そうでないグループと比べて筋肉量の増加・無酸素運動時の筋力アップなどのメリットが得られたことが分かりました。[注2], アメリカで遊離酸HMBを筋トレと合わせて利用した場合の効果について調べた研究があります。, 24人の健康な男性に継続して筋トレを行ってもらいながら、遊離酸HMBを投与するグループとそうでないグループに分けて比較。12週間後に筋肉量や筋トレの数値などを検査しました。, どちらのグループも筋トレをしていたため筋肉量が増加。しかし、遊離酸HMBを摂取していたグループの方が筋肉量や筋力の増加率が高いという結果になりました。継続的なトレーニングにHMBは有効といえるでしょう。[注3], HMBには筋肉の分解を抑制し、量を増やす効果がさまざまな研究によって認められています。この効果は、運動機能が落ちた高齢者や感染症やがんといった疾患を持っている人に対しても有効だとされていますが、疾患が筋肉量の減少や筋力低下に及ぼす研究はまだまだされていません。したがって、HMBの効果があったのか、疾患の状態によるものなのかが詳しく分かっていないのです。さらに、HMBは肝臓で作られますが、肝疾患の患者を対象にした研究はまだ行なわれていません。こうしたことから、HMBに関する研究はまだまだ必要とされていると言えるでしょう。, 6人の男性をHMB+ケトイソカプロン酸を合わせたサプリメントを摂取させるグループとプラセボ(偽薬)を摂取させるグループに分けた比較試験が行なわれました。, サプリメントの摂取は運動前の14日間。その後、検査日に運動前・運動後24時間・48時間・72時間後の筋肉損傷の値を測定。, 結果、プラセボ群と比較してHMB+ケトイソカプロン酸のサプリメントを摂取していた群は、筋肉痛や筋肉の分解が抑制されたことが分かりました。また、その効果は72時間続いたということです。[注4], 約3.2キロ(2マイル)のランニングの結果に従い13人の被験者をHMBを投与する群とプラセボを投与する群に分けて行なわれた比較試験があります。, 1日3.0gのHMB摂取と6回のトレーニングを積み、被験者を20キロのランニングへ参加させ、筋損傷の値を比較。, 結果、HMBを摂取していた群は筋損傷をおこす体内酵素の濃度が、プラセボ群に比べて低いことが分かりました。, フロリダ州立大学で行なわれた実験では、HMBが筋肉損失量を軽減させるかどうかをマウスを使って検証しました。, 結果、2と3のHMBを与えられていたグループのマウスは訓練中の運動機能が改善したほか、筋肉量と筋力低下が抑制されていました。[注6], HMBの筋肉分解については筋肉量の増大と共に研究されることが多いようです。さまざまな実験や比較試験などの結果も、筋肉の分解抑制効果があることを示していました。, 筋トレ後はもちろん、運動能力が低下している人にも効果が実証されているため、ロコモ予防に摂取したい成分と言えます。, 70歳の男性の症例があります。男性は2010年の8月と10月に腸閉塞の手術を受けました。, しかし、傷の治りが遅かったため、栄養サポートを行うチームが介入。男性の栄養状態を改善しながら、アバンドという栄養補助飲料(HMBカルシウム・L-アルギニン・L-グルタミン配合)を28日間投与したところ、治癒の促進がみられました。, 投与から20日後には縫合した傷が塞がり、腸閉塞発症から67日目には退院するまでに回復。このことから、栄養の状態が良好なときにHMBを摂取することは、傷の治りを早くするのではとされています。[注7], 何度が治療が行なわれたものの、腫瘍の悪化を繰り返し治癒が困難とされましたが、1日2パックのアバンド(HMBカルシウム・L-アルギニン・L-グルタミン配合)を2か月間摂取したところ、症状が回復しました。[注8], 創傷や腫瘍の治癒に用いられたアバンドは、経口栄養補給食品(飲料)です。HMBのほかにL-グルタミン・L-アルギニンなどが配合されています。, グルタミンは筋肉を育てる効果を持っているアミノ酸です。健康な人であれば体内で生成できますが、未熟児や疾患を持つ人は体内生成が難しいケースがあります。, L-アルギニンは必須アミノ酸です。体内でエネルギー生産のために必要な成分となっています。, 股関節部を骨折した患者にHMBカルシウムとビタミンDを投与する試験がトルコで行なわれました。, 試験は75人の高齢女性を含む人たちを対象に行なわれ、一般的な治療に加えてHMBカルシウムとビタミンD、たんぱく質などを投与されるグループとそうでないグループに分けられました。, 手術前と術後15日、30日に経過を観察して効果を検証したところ、HMBカルシウムなどを投与されたグループは、傷の治りが早く骨折箇所の固定期間も短かったという結果になりました。[注9], HMBが傷の治りを早くするという研究データは、筋肉分解・減少に関するものに比べると多くはありません。, また、HMBだけでなく、クレアチンやビタミンDといった別の栄養素と組み合わせての効果検証が多いことから、HMBの単独摂取での効果とは言い切れないところがあります。, アメリカで行なわれたのは、レスベラトロールというポリフェノールとアミノ酸のロイシンが長寿遺伝子と言われるサーチュイン遺伝子(Sirt1遺伝子)を活性化させ脂肪燃焼を促す効果をマウスで検証する実験です。, サーチュイン遺伝子は体内エネルギーを生産するはたらきがあり、活性化すると寿命が伸びると言われています。, 実験の結果、レスベラトロールとロイシンを併用するとサーチュイン遺伝子を活性化させ、脂肪燃焼を促すことが分かりました。[注10], 70歳以上の31人の男女に対して、HMBの体脂肪減少効果を検証した比較試験があります。, 対象者はHMB3.0gかプラセボかのどちらかを摂取するグループに分けられ、8週間のトレーニングと共にサプリメントが投与されました。, 結果、HMB摂取群はプラセボ摂取群に比べて、体脂肪の減少率が多かったことが分かりました。, この結果から、若年成人層だけでなく70代以上の高齢者に対してもHMBは効果を発揮することが分かりました。[注11], 激しい運動を日常的に行っている女子柔道選手に対して、HMBが効果を発揮するか調べた試験があります。, 女子柔道選手8人をHMB3.0gを摂取するグループとそうでないグループに分け、なおかつ同じ食事メニューを摂ってもらいました。, 3日後の検査では、HMBを摂取していたグループの体脂肪率が摂取していないグループに比べて減少。, しかし、筋肉量には影響を与えなかったことから、短期間のHMB摂取は脂肪を落としながら筋肉量を維持するのに役立つとしています。[注12], 米国テキサスA&M大学のEngelen MPKJらによれば、HMBは高齢の疾患を持つ人の病状を回復させる効果があるとしています。, 病気の患者ほどHMBの恩恵を受ける可能性があるとして、今後研究が進んでいくことが必要としています。[注13], マウスや高齢者、アスリートなどを対象とした実験や試験から、HMBには脂肪を減少させる効果があるといえるでしょう。, しかし、運動を併用して得られた結果でもあるため、HMBを飲んでいれば何もせずとも痩せるとは断言できません。, 痩せるためには、筋肉量を増やして太りにくい体に作り替えていくことが大切です。HMBはその手助けをしてくれるでしょう。, 引用元:三洋薬品(http://www.sanyo-yakuhin.net/?pid=131436226), 引用元:協和食研公式サイト(https://kyowashokken.co.jp/商品/), 引用元:バルクスポーツ公式サイト(https://www.bulksports.com/amino/hmb_tabs/), 引用元:iHerb(https://www.nowfoods.com/sports-nutrition/hmb-500-mg-veg-capsules), 引用元:Optimum Nutrition公式サイト(https://www.optimumnutrition.com/en_US/products/hmb-1000-caps#xEdwlUDwmSKPvDQK.97), ※このサイトで公開している情報は、2018年5月に管理者が独自に収集・調査したものです。情報収集において細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の内容の正確性については一切保証致しません。.