この記事では今までにアップしたNBAのレジェンド達

最初は、2003年に現役を引退した今でも 「バスケットボールの神様」と呼ばれている元nbaプレーヤー、マイケル・ジョーダン です。. All Rights Reserved. 2020/5/31

アレン・アイバーソンの伝説や名言がかっこよすぎる! 2020.11.04 16:13. レジェンドプレイヤーであることは間違いありません。, 優れたロングレンジシューターであり、クラッチシューターでもある

サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. チャンピオンを獲得することは叶いませんでしたが そして大学在学中にニューオーリンズ・ホーネッツ(現ペリカンズ)に指名されて入団すると、多く得点を叩き出す前評判通りの活躍で実力を見せつけていく。 ペイトンはNBAイチのトラッシュトーカー!史上最高のPG!

ペニー・ハーダウェイがピッペンやジョーダンとのマッチアップで38得点!, 派手なプレイは少なかったですが、精神的にも非常に強く

スターターを務めるほどのプレイヤーでした。, スパッド・ウェッブの関連記事はコチラ↓ アレンアイバーソン『カリーとアービングのハンドリングは俺以上』 ケンプ&ペイトンはNBAベストアリウープデュオ?抜群のコンビ!, 9年連続のアシスト王や連続先発出場記録などをもち マイケルジョーダンの名言集!【バスケの神様の発言】Part2

これから現れるNBAのスター選手が子供たちにどのような夢を与えてくれるのかにも注目だ。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. アシスト数も多く、サンダーにとってウェストブルック選手は攻守両面において欠かすことのできない存在なのだ。 生粋のスコアラー、ドミニク・ウィルキンス。, ヒューマンハイライトフィルムというニックネームがついていることから

NBA 1位はデンバー・ナゲッツ所属の「ニコラ・ヨキッチ」です!今2018-19シーズンはチームを6年ぶりのプレイオフに導きました。 彼の特徴はセンターとしては特異なプレイメイキングスキルとハンドリング能力で、センターながら圧巻のパススキルで、自分だけでなく周りの選手も活かせるところですね。 そのため彼の所属するナゲッツは、センターを中心にオフェンスを組み立てるという他の29チームでは見られない、独特な戦略を採用しています。 他の4人もうまく巻き込めるプレイスタイルであるヨキッ …

ビンス・カーターのジャンプ力は現在でもスゴイ!ハイライト動画も シャックの息子シャリーフ・オニールは高校生!未来のNBAスター? マクグレディがロケッツ時代に見せた凄すぎる歴史的大逆転劇! 神童マイキー・ウィリアムズが現役高校生no.1プレーヤーに挑戦…試合の行末は? 2020.11.11 19:40. nba復帰を目指すジェレミー・リンがカリーを含むウォリアーズの選手たちとワークアウト.

デュラントは、シーズンmvp、2年連続ファイナルmvp、オールスターmvp、4度の得点王などを獲得しているnbaを代表する選手です。 キャリア11年で現役2位となる平均27.12得点を記録している現役最強クラスのスコアラーです。 バスケットボールの最高峰のリーグであるnbaでは、多く選手が世界中のバスケットボールプレイヤーの憧れの的となっている。 そんなnba選手のうち現役として活躍しているスター選手をピックアップして …

キング・ジェームズとマイケル・ジョーダンの徹底比較!

それに対する回答がこのインタビューでした。

nba現役最強の選手 個人的10選! どうも雨宮です。今回は現役でnba最強だと思う選手をまとめてみました。今のnbaは、個々の能力よりチームディフェンスの時代なのでディフェンスはかなり重要な要素なんですが、今回選んだ選手はオフェンス重視の選手ばかりになってしまいました。 シャキールオニール伝説の試合!キャリアハイ61得点23リバウンド, 彼ほどのカリスマ性を持ち、圧倒的にリーグを支配したプレイヤーは

レジー・ミラーのキャリアハイ57得点ゲームを振り返る!, アイバーソンの生き方には賛否両論ありますが個人的には文句なしにカッコいいと思います!, 凄く印象に残っているアイバーソンのインタビューがあります。 ビンスカーターはダンクコンテストの救世主!オリンピック動画も!

二次元ライフを快適に, どうも雨宮です。今回は現役でNBA最強だと思う選手をまとめてみました。今のNBAは、個々の能力よりチームディフェンスの時代なのでディフェンスはかなり重要な要素なんですが、今回選んだ選手はオフェンス重視の選手ばかりになってしまいました。。が、個人的なランキングなのでご了承ください。, まぁ、間違いなく最強選手だと思います。最近ではハーデンを止める作戦をいろんなチームが使ってくる位です。その中でも大量得点を毎回出してくる辺り化物ですよね。 最優秀選手賞や得点王なども獲得しており、得点力以外にもアシストなども上手で、SGの選手ですがPGもこなせる選手です。特に得点力は現在のNBAでもズバ抜けており、止めることができないスコアラーです。ハーデン対策をまともにやらないとロケッツには勝てない位だし。ドライブやハンドリングスキルも非常に高く、それでいてシュートレンジがとんでもなく広いのでどこでも得点が可能です。, とこのような感じで、ハーデンの化物ぷりがよく分かります。ハーデンの必殺技と言ったら、ステップバック3です。もう、美しいですよね。サラっとステップバックしてサラっと3ポイントを当たり前のように決める所が流石です。ただ少しファールを誘い過ぎな感じもするよね。そこはちょっとアレだけどさ。, バックスのPFヤニスさん。PF最強と言っても異論はないと思います。本当にスゴい選手です。大きい選手なのですが、それでいてハンドリングスキルとスピードを持っており、そして腕が長くそのリーチでとんでもないダンクを決めてくる化物選手です。アウトサイドは弱いですが、インサイドなら最強と呼べる存在です。ディフェンス面でもリバンドなど二桁を記録していたり、対人ディフェンス優れており、Allディフェンシブチームにも選ばれています。攻守共に隙がない最強の選手です。そして力技だけではなくユーロステップとリーチを活かしたプレイなども多くテクニックも非常にある選手です。, 2018-19シーズンにはMVPに選ばれ、アメリカ出身以外でMVPを受賞した史上5人目のプレーヤーになり、さらにMIPも過去に受賞したため、MIPとシーズンMVPの両方を受賞した史上初の選手となりました。 現在のNBAでは3ポイントを重視するアウトサイドが主流ですが、ここまでド派手なダンクを大量に決めるのは非常に珍しいですよね。そうゆうプレイは見ていて気持ちいいし大好きです。まだ若いですからね、これからどんな活躍をしていくか期待です。, ウォーリアーズのPGのステフことカリーです。特徴はマウスピース。歴代最高のシューターと呼ばれているカリーですが、特徴と言えばとんでもない精度の3ポイントシュート、そして尋常ではない位広いシュートレンジ、この化物能力を兼ね備えておきながらシュートをクイックで打ってきます。クイックとシュートレンジのせいでディフェンスが追いつかなく、高確率で決めてくるので、3ポイントの脅威をNBAに浸透させた人です。近年のオフェンスを大きく変えた人かもしれませんね。ハンドリングスキルも高く、オフボールの動きも良いため一瞬でも隙を作ると3ポイントを打ってきます。ちゃんとマークしていてもクイック過ぎて追いつかないことも多々あります。要は止めれません。, 3ポイントシュートも精度40%以上で決めており、シーズンにとっては45%などもあります。そこらへんの選手のFG確立で3ポイントを決めるところがカリーのスゴいところです。2015-16シーズンでは得点王、スティール王、402本の3ポイントシュート成功を達成、そしてNBA史上初の満票でのMVPになっています。本当に化物です。, 現在はメッツのSFで愛称はKDです。あのウォーリアーズ最強軍団の一人として活躍し、世にウォーリアーズの猛威を知らしめた男です。オクラホマシティ・サンダー のエースとして大活躍し 、得点王を4度も獲得、そしてMVPにも選ばれました。そのスーパーエースがサンダーから強豪ウォーリアーズに移籍して大問題になったことは記憶に新しいと思います。元々ウォーリアーズには最強PGのカリーの他にも、名シュータートンプソンやグリーンなど優秀な選手がたくさん揃っており優勝候補でした。, その圧倒的優勝候補ウォーリアーズに、得点王4回のKDが移籍しました。これはNBAのパワーバランスが崩壊するまでなり、最強軍団が誕生しました。当然NBAファイナル2連覇を達成することになり他を圧倒。KDのプレイスタイルは万能型スコアラーです。シュートレンジも広く3ポイントも決めることができ、ドライブからインサイドで点を決めるこができます。さりげなくディフェンスもいいです。身長が非常に高く、ウイングスパンもスバ抜けています。それなのに、スピード、ハンドリングが非常に優秀で止めれません。腕のリーチを活かしたジャンプシュートはブロックが困難なことも特徴の一つです。, そしてFG成功率も50%以上と非常に高いのも特徴です。流石KDです。因みに、KDが去った2019-2020年シーズンのウォーリアーズは最下位をさまようほど勝てていませんが、なんか悲しくなりますね。KDって本当に偉大だよね。あまりにも強すぎてみんなウォーリアーズが嫌いになっていたと思います。オレもそうだったし。でも今思うのはまたウォーリーアーズのKDが見たいということです。だってカリーと楽しそうだったもん。笑顔が似合うんだよねKDは。アンチが多いのはわかるけど、オレはMVPの時の感動スピーチは忘れないぞ。要はオレはKD大好きだ!!カイリーとのコンビ楽しみにしてる!!, レイカーズのSFでキングことレブロンです。えっ?説明いる??それくらい有名選手だと思います。レブロンほど超万能という言葉が合う選手はいないと思います。インサイド、アウトサイド、ディフェンス、リバウンド、パス、全てにおいて1流のスキルを持っています。そしてチームリーダーとしてまとめる能力にも優れており、プレーオフにいない方が珍しい。それくらいチームを強くする力を持っています。いろんな記録や伝説を作っているので、説明は割愛します。それくらいの選手なのです。個人的にレブロンのパスがスゴイすき。なんだろう、少しダサい感じがたまらなく好きです笑パスが上手い選手ならスマートにノールックとかやると思うのですが、なぜかレブロンは癖があってそこがスゴイ好きです。, ナゲッツのセンターのヨキッチ。正直身体能力は全然ないと思います。スピードは遅いし、ジャンプ力もそんなないし。では何がスゴイかというとパスです。ヨキッチのポジションはセンターです。そうなんです、センターなのにパスがめっちゃ上手。今までにないセンターです。得点能力も高く2018-2019年オールNBAファーストにも選ばれ大人気のヨキッチ。ナゲッツが好調なのも彼の影響ですね。少しぽっちゃり体型なのもなんか可愛い。でもパスはとってもスマートです。こうゆうセンターって革命的でいいよね。そして彼のパス動画もしびれます。普通にカッコいいぜ。, マーベリックスのルカ・ドンチッチですが、レアル・マドリード・バロンセストでプロデビューします。ちなみに、NBA屈指のイケメン。去年のシーズンはルーキーとは思えないほどの活躍をみせ、新人王を獲得しています。正直本当にスゴいです。プレイスタイルは圧倒的な身体能力を使ってプレイするわけではなく、細かいテクニックを駆使してプレイしています。, ユーロステップ・バックステップ3・フローターシュートなど、とにかくテクニカルな選手です。201cm、99kgとガードの中では大柄な選手で、PG、SG、SFまでできる多様性もあります。今シーズンのプレイはベテランの風格があり、とても2年目選手とは思えませんね。流石ドンチッチですね。ここの10選に選ばれるのはまだ早いと感じましたが、話題性や将来性も考えてランクインしました。あと3年もしたら彼の時代が来ること間違いなしだと思っているので。, PFの他にもセンターなどをやっていましたが、本人はPFの方がやりたいそうです。プレイスタイル的にもその方がいいと思いますが。PFと言ったら天下のヤニスがいますが、アンソニーは全然違うプレイスタイルです。ヤニス同様高い身長ながらもスピードがあるプレイをしますが、アンソニーはシュートレンジが広いです。最近流行のストレッチ4としても活躍ができるインサイドプレイヤーです。, デフェンスでもブロック王を獲得したりと、攻守最強クラスです。今年にレイカーズに移籍したことにより、レブロンとタッグを組み無双をしています。万能のレブロンと万能のアンソニーがいるんだから強くて当たり前だよね笑でも、一つだけ言いたい。レイカーズでのハワードは凄くイカしてると思う。彼は生まれ変わったからハワード応援しようぜ!!, クリッパーズのSF。去年はラプターズを劇的に優勝へ導きました。オフェンススキルもそうですが、一番の特徴は抜群のディフェンスです。NBA屈指の対人ディフェンスを持ちながらオフェンスも出来る万能性があります。色々ありましたが、間違いなく最強の1人だと思う。でも、今後MVPを取る可能性は少ないと思っているのは僕だけですかね?怪我とか休養とか、どっちでも良いけど、そういう事ではないと思う。, みんな大好き、カイリーです。今年からネッツに移籍したPGです。実は最後の一人を決めるときものスゴい悩みました。だって10人に絞れないもん笑他にも好きな選手がたくさんいるし、本当に悩んだ!!でもここは期待を込めてカイリーをチョイスしました。エンビードとかトンプソンとかポールジョージやリラードも好きだし。, ていうのも、実はオールNBAには2回しか選ばれていません。少し意外だよね。そして1stチームには1度も選ばれていません。ポールジョージやリラードも1st選ばれていますが、カイリーは選ばれてないって本当に以外。カイリーと言ったらみんなが想像しているスコアラーという感じです。そこまで身長は高くないですが、抜群のハンドリングスキルからのドリブルとテクニックで華麗に点を決めていきます。年々成長を続けスタッツが上がっており、20点台を決めてくる安定性もあり、とにかくプレイがカッコいい!!, 今年ネッツに移籍して、KDとタッグを組むことになりました。KDは現在ケガによって戦線離脱中なので、カイリーがチームを引っ張っていますが、KDと組んだらどうなるのか超楽しみです。来年ネッツが優勝候補になると思う。いや、なってほしい。, 個人的な意見でNBA最強選手を10選にまとめてみました。今まではウォーリアーズが大っ嫌いだったんですが、今年の悲惨な状況になぜかファンになりました。そしてKDも好きになりました。なのでKD推しです。だから今年からネッツとウォーリアーズを応援しようと思います。まだNBAで好きなチームや選手が見つかってない方はこの記事を参考に見つけてみてください。応援するチームや選手が見つかると本当に楽しいですよ!!, Hong Kong Kunyue Technology Limited無料posted withアプリーチ, 60得点11アシスト10リバウンドを記録し、NBA史上初となる60得点でのトリプルダブルを達成, 1シーズンに2,700得点・500アシスト・500リバウンドを記録した、NBA史上2番目の選手, インサイド、アウトサイド、ディフェンス、リバウンド、パス、全てにおいて1流のスキル.

NBAレジェンドvol.4【ドリーム】アキーム・オラジュワン.

あったがゆえ、過小評価されたきらいのあるスコッティ―・ピッペン。, ピッペンもロッドマン同様、非常にバスケットIQの高い選手だったようです。 コービーがジョーダンに引導を渡した最後の試合を動画でチェック!

それぞれの詳細記事へ飛べるリンク集となっています。, 1人のプレイヤーに対して複数の記事がある場合も シャックと猫の軌跡のコラボ!性格はどんな感じ? 本人の実力もさることながらウォリーアーズはスター選手を数多く揃える巨大戦力を誇るため、既に一度経験しているNBA優勝回数をどれだけ増やしていけるのかということにも注目が集まる。, アンソニー・デイビス選手は、学生時代はガードとして注目されていた存在だったが、そこからフォワードにコンバートするとさらなる活躍を見せて、アマチュアトップの選手となった。

マイケルジョーダンは歴代最高の選手!身体能力より性格がスゴイ?

ヒート移籍当時の「裏切り者」から再び地元の英雄になったレブロン選手の優勝時の涙は、多くの人の目に刻まれている。, ステファン・カリー選手は、NBA選手として活躍した父デル・カリー氏の後を追いバスケットボールを始めると、学生時代から大きな実績を残して注目を集めるようになる。

Photo by Evgenii Matrosov/Shutterstock.com, バスケットボールの最高峰のリーグであるNBAでは、多く選手が世界中のバスケットボールプレイヤーの憧れの的となっている。

スコッティー・ピッペンは最強のオールラウンダー!レジェンドも絶賛!, ペニー・ハーダウェイの記事はコチラ→ペニーの現在は?チャンピオンシップ獲得&殿堂入り!

nbaのレジェンド選手といえば誰? nbaの歴代のレジェンド選手といえば知名度が高く、歴史的にも語り継がれる選手のことではないかと思います。 世界的に1番有名な選手はマイケルジョーダンです。 nbaチャンピオン6回; nbaファイナルMVP6回; シーズンMVP5回 デニス・ロッドマンはIQが高い?伝説や名言は? マクグレディがNBA引退後プロ野球投手に?, リーグNo.1のパワーフォワードと言われながら あにいご

ロケッツに移籍し、大学時代のチームメイトであるオラジュワンと 伝説のnbaプレイヤーということで、現役のプレイヤーからではなく、既に引退しているプレイヤーの中からご紹介していきます。スターぞろいのnbaの中でもひときわ輝く、nba選手になります。知名度も、プレイについてもひときわ目立っていた選手になり… 1996年、NBAは50周年を記念して『50人の偉大な選手』を発表した。それから20年、時代の推移とともにNBAは新たなスターを続々と輩出している。ニューオリンズでオールスターゲームが開催されるこのタイミングで、『CBS Sports』が新たな『50人の偉大な選手』を発表した。, 以前のメンバーから19人が入れ替わった『偉大な選手』の中で、現役の選手を何人かピックアップして紹介したい。, 50位カワイ・レナード(スパーズ)このリストの中で最年少となる25歳での選出となった。2度の最優秀守備選手賞とファイナルMVPを受賞し、すでにマイケル・ジョーダンと比較されるなど、リーグを代表するオールラウンドプレーヤーの一人となっている。, 25位ドウェイン・ウェイド(ブルズ)3度のNBAチャンピオンに輝き、ジョーダン、コービー・ブライアントに次ぐ歴代3位のシューティングガードとの呼び声が高い。現在35歳、長年プレーしたヒートを離れて現役キャリアの締めくくりにかかっているが、もはや殿堂入りが確実視されている。, 24位ケビン・デュラント(ウォリアーズ)4度の得点王、シーズンMVPを受賞し、カンファレンスファイナルまでチームを導くこと4回。2013年にレブロン、ウェイド、クリス・ボッシュら『スリーキングス』を擁するヒートにファイナルで勝利していれば、あるいは昨年にウォリアーズを破っていれば、さらに評価を高めていただろう。彼に足りないのはNBA優勝の称号のみ。ウォリアーズへと新天地を求めた今、それは手の届くところにある。, 19位ステファン・カリー(ウォリアーズ)2016年、402本の3ポイントシュート成功という前人未到の記録を打ち立て、2年連続でシーズンMVPを受賞した現在のNBAにおける『顔』と呼ぶべきプレーヤー。ここ3年の成績は目を見張るものがあり、スターに相応しい『カリスマ性』も備えているが、まだ他の上位選手に比べて活躍している期間が短いということでこの順位になった。, 2位レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)4度のMVP、3度のNBAチャンピオンに輝き、いずれもファイナルMVPを受賞。昨年6月に行われたNBAファイナルの1勝3敗からの逆転劇は記憶に新しい。背中に彫られた『The Chosen One』(選ばれし者)のタトゥー通り、マイケル・ジョーダンを脅かす唯一の存在となっている。, 現役選手のレブロン・ジェームズが2位に食い込んだが、時代の変遷にかかわらず『オールタイム・レジェンド』の1位に選ばれたのはマイケル・ジョーダンだ。自身の素晴らしいパフォーマンスとタイトル獲得だけではなく、NBAの地位を大幅に引き上げ、バスケットボール自体も変えたジョーダンの1位には異論の余地がない。3位には1960年代に3年連続MVPに輝いたシクサーズのウィルト・チェンバレンが入った。, 近年に引退したプレーヤーでは、ティム・ダンカンが7位、シャキール・オニールが9位、コービー・ブライアントが10位、ケビン・ガーネットが15位にランクインしている。, 惜しくも50人には選ばれなかったが『ネクスト10』という形で、トニー・パーカー(スパーズ)、ラッセル・ウェストブルック(サンダー)、ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)、マヌ・ジノビリ(スパーズ)といった現役選手が名を連ねている。. バスケットボール殿堂入りも果たしているジョン・ストックトン。, 真面目そうな風貌からコート上でもジェントルなのかと思いきや 通算7個のチャンピオンリングを持つプレイヤーです。, ロバート・オーリーの記事はコチラ→オーリーのビッグショット集!勝負強すぎてヤバい!, 史上最高のSFと呼ばれながらも、マイケル・ジョーダンのチームメイトで カーターですが、やはりその魅力は豪快なダンクですよね。, ゲーム中でも高い跳躍力でパワフルに叩き込むダンクは オラジュワンの教えを乞いに行く位の素晴らしいムーブを持ったセンターでした。, また最後まであきらめない強い気持ちは ジェイソン・ウィリアムスの最新動画!アンクルブレイカーにノールックパス!

その素晴らしい身体能力という点でペニー・ハーダウェイと マイケル・ジョーダンのデビュー試合を振り返る【MJデビュー30周年】

アイバーソン世紀の番狂わせ!2001年NBAファイナル第1戦を動画で振り返る! あなたのおすすめバスケ選手は誰ですか?今回はおすすめnba選手をポジション別にランキング形式で紹介していきます。バスケ会の名プレイヤーがどんな選手なのか。その選手のプレイスタイルをまとめたので最近nbaが気になり始めたという人は特に!参考にしてみてください!

© 2016 BASKET COUNT, T&S Co .,Ltd. シャックの身体能力がスゴイ!MJと1on1対決?

個人的に史上最高のセンターといえばやはり、アキーム・オラジュワンだと思います。 現役の一流プレイヤーたち(コービ、レブロン、カーメロ、ハワードなど)も その後2010年にマイアミ・ヒートに移籍して自身初の優勝を経験するが、彼の中にオハイオへの思いは残り続けていて、2014年に自身の移籍以降低迷を続けるキャバリアーズに復帰。 日本でもおなじみの選手だと思います。, 168㎝の身長ながらそのえげつない身体能力でサクラメント・キングスでは 今シーズンは逆襲を目指すことになるのだが、実績に乏しい選手が多いという事情からデイビス選手のさらなる活躍が必要になっていることだろう。, ケビン・デュラント選手はテキサス大学1年生の段階で圧倒的な成績を残して注目されると、鳴り物入りでシアトル・スーパーソニックス(現オクラホマシティ・サンダー)に入団した。 写真=Getty Images多くの現役選手が『50人の偉大な選手』に選出される1996年、NBAは50周年を記念して『50人の偉大な選手』を発表した。それから20年、時代の推移とともにNBAは新たなスターを続々と輩出している。ニューオリンズでオールスターゲームが開催さ スパッド・ウェッブ【1986年スラムダンクチャンピオン】のプロフィールや動画をチェック!, 2015年2月現在、38歳のビンス・カーターは現役を続行していますが これは確か2001-02シーズンのプレイオフファーストラウンド、 同メディアはハーデンを称賛しつつも、「リストの上位4人に食いこむ準備はできていない」と指摘した。 なお、ランキングにルーキーは含まれていない。 『Sports Illustrated』発表の2018年版NBA選手トップ100 伝説のNBAプレイヤーということで、現役のプレイヤーからではなく、既に引退しているプレイヤーの中からご紹介していきます。スターぞろいのNBAの中でもひときわ輝く、NBA選手になります。知名度も、プレイについてもひときわ目立っていた選手になります。NBA選手について説明していきます。, マイケル・ジョーダン選手を知っていますか?世界的に有名で、「バスケットボール界の神様」とまで言われている伝説の選手です。現時点においてNBA市場最高のプレイヤーになります。愛称は「エア(Air)」と呼ばれ、ダンクシュート時に相手を躱すダブルクラッチなどの空中プレイや、滞空時間の長いジャンプなどからこう呼ばれだしたそうです。 15年間の選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、シーズンMVP5回など、様々な功績を残している選手になります。攻撃も守りもすべてにおいて一流選手で、誰もが憧れる選手です。インサイドでは華麗なムーヴから生み出すダンクや、独創的なステップから繰り出すレイアップを起用に操りながら得点を決めていきます。二度の引退をしているマイケル・ジョーダンですが、復帰後もブランクを見せない姿に圧倒されています。, シャキール・オニール選手は2mを超える巨人たちの集まりであるNBAバスケットボールにおいても、ずば抜けて巨大な体躯を誇った伝説の選手だったそうです。体に似合わない高い身体能力を技術を有するプレイヤーです。NBA史上最強の選手として有名な選手で、「シャック」の愛称で親しまれています。身長は216cmで体重は156kgと大きい体をもち、対戦相手からすればとても怖い選手になります。破壊力抜群のダンクシュートでゴールやバックボードを壊しまくりました。4度のNBAチャンピオンや3度のシーズン最多得点などタイトルも多数獲得しているシャックです。, マジック・ジョンソンについてですが、NBAバスケットボール史上最強の伝説のポイントガードとして名を残しています。206センチという高い身長を持ちながらもガードとしての役割を果たし、パスの技術がとても上手でガードとして選ばれたのでしょう。ノールックパスを得意とし、フェイントをかけ相手を混乱させ、数多くのアシストを決め、4度のアシスト王に輝いている選手です。また、得点やアシストも多く、どこのポジションでもきれいにこなす選手です。, 彼らの偉大なプレーは現代のバスケットプレーヤーに大きく響いています。彼らのようにうまくなることを願って日々練習を重ねていきましょう。. 最も抑えたプレイヤーの一人であると思います。, ゲイリー・ペイトンの記事はコチラ↓

大きいプレイヤーはいないんじゃないでしょうか?, スパーズ時代の元チームメイト、ティムダンカンが言うように オーリーはシーズン中はボーっとしていてやる気なし、空気のような存在ですが

そのプレイやユーモアのセンスでファンから愛されていたプレイヤーでしたね。, チャールズ・バークレーの記事はコチラ↓ ジョーダンの63得点ゲーム!ラリーバードに神様だと言わした試合, ミズノ、ランバードのCMにも出演していましたし ドレクスラーのダンクは華麗!ジョーダンと比較された男, ジョーダンが『こいつはやる!』と思ったという

コービーがMJのキャリア通算得点記録を抜いた!2人の比較すると? 『たかが練習だぜ!実際のゲームじゃなくてただの練習だ』 これまでは本人の素晴らしい成績とは裏腹にNBA優勝をつかみ取ることができなかったが、2016-17シーズンから前年73勝と圧倒的な成績を残したゴールデンステート・ウォリアーズに移籍した。

バスケを知らない人でも名前を知らない人はいない、nbaで最も有名な選手と言っても過言ではないでしょう。

0, 今シーズンも過去2シーズンと同様にアメリカ大手バスケットボールメディアの選手ランキングを集計し、その平均値などから新たな選手ランキングをトップ30まで作成しました。, 今回のランキングで参考としたメディアはESPN、CBS、スポーツ・イラストレイテッド、NBC、スポーティング・ニュースの5つ。, 選手名横のカッコ内は(2017年順位→2018年順位:所属チーム)を表しています。, 昨年のランキングでは2017年-2018年シーズンの新人王に選ばれたベン・シモンズが第20位、新人王2位のドノバン・ミッチェルが第25位にランクインしましたが、2018年-2019年シーズンにダントツで新人王に選ばれたルカ・ドンチッチは第26位となりました。ただ、今シーズン開幕からのパフォーマンスを見る限りでは、来年のランキングでそのシモンズとミッチェルを一気に追い越してしまいそうな勢いを感じます。, 反対に今季が15シーズン目となる34歳のクリス・ポールは一気にランクダウン。来年のランキングではトップ30外となりそう。, フィラデルフィア・シクサーズ BIG3のうち2人が今年も11~20位にランクイン。とりわけベン・シモンズは将来の大ブレイク候補として大幅ランクインも期待できますが、個人的には天井が見えているような気がするんですけど。, ウエストブルックは2シーズン連続でシーズントリプルダブルを達成したわけですがトップ10圏外に。チームメイトとなったジェームズ・ハーデンの存在により(勝利への貢献度は取り敢えず置いといて)表向きのスタッツは下落すると思われましたが、今シーズンもトリプルダブル前後の数字を残しそうなのは恐ろしいところ。, 初出場となった昨プレーオフでMVP級の活躍を見せたヨキッチが一気にトップ10へ。同じく好守に長けたセンターであるジョエル・エンビードとアンソニー・デイビスも6&7位に並んでおり、一時期はセンター不作と言われたNBAも新時代に突入したと言えるでしょう。, また、デイビスはレイカーズ移籍によりキャリアで初めて優勝争いの中でプレーすることになるわけで、真価が問われる1年になるはず。, NBCとスポーティング・ニュースがクワイ・レナードを、スポーツ・イラストレイテッドとESPNがヤニス・アデトクンボを、CBSがレブロン・ジェームズをトップに据えましたが、ラプターズをNBAチャンピオンに導き全メディアのランキングで2位以内に入ったレナード(平均順位1.6)が今年度の第1位に。, 2~3位はアデトクンボが平均2.2位、レブロンが平均2.4位と接戦。4位のカリーは平均4.2位と差がありましたね。, 1965年以降では1986年-1987年シーズンのマイケル・ジョーダンの平均37.1得点に次ぐ平均36.1得点という大記録を残したジェームズ・ハーデンはまたもやファイナル出場を逃し例年通りの順位に。, 去年と同様にアメリカ各メディアよる今シーズン選手ランキングから平均値を算出。その結果より選手ランキングを30位まで作成しました。. アレンアイバーソンのクラッチショット!カーメロと合計で81得点 グラントヒルはNBAのオールラウンダー!フィラのバッシュが懐かしい!, 小柄ながら抜群のスピードで繰り出されるキラークロスオーバーで

ゴールデンステート・ウォリアーズ入団後は卓越したスリーポイントシュートの技術を武器に圧倒的な力を出し始め、2014-15に自身初のレギュラーシーズンMVPを獲得すると、2015-16シーズンはなんと満票で2年連続のMVPに選出されるという大活躍を見せた。 NBAトップクラスのポイントガードだったティム・ハーダウェイ。, キャリアを通して合計5チームでプレイしたハーダウェイですが 選手の間ではちょっと違う評判があったようです。, ジョン・ストックトンの記事はコチラ→ストックトンはロッドマンも恐れるダーティープレイヤー?, マジック時代の背番号1、怪我で短い絶頂期だった点や

今シーズンからはチームの絶対的な存在であったデュラント選手がチームを離れたということもあり、新たなるオクラホマシティ・サンダーの大黒柱としてチームを引っ張る活躍が期待されている。, 他にもNBAにはスターと評される選手が数多く存在し、多くの人に衝撃を与えるプレーを見せ続けている。