sqlチューニング. このため、オプティマイザ統計が最新でないと適切な実行計画が作成されません。, 不適切な実行計画でSQLが実行されると、本来であれば実現できる処理パフォーマンスを得られません。, 後述するEXPLAIN PLAN や DBMS_XPLANパッケージを使うと、実行計画を確認できます。 not exists、orやinで代用できるならする。工夫しても無理なら使ってもよいと思う。 より精度の高い見積(予測)ができるようにしたというわけです。, Starts実行統計は、そのステップにおけるオペレーションの実行回数を示す実行統計です。, SQLによっては、あるステップが複数回実行されることがあります。Starts実行統計を見ると、この動作を把握することができます。これにより実行計画でやっていることが理解しやすくなる場合があります。, ・Oracle ACE ・AWS Certified Solutions Architect - Associate 一般にRows統計は小さい値であることが望ましいとされています。可能であれば、実行計画の処理ステップの早い段階で、Rows統計値を小さい値にできるような、実行計画でSQLを実行することが望ましいです。, このため、Rows統計に着目してSQLチューニングを行うわけですが、以下の点に注意して下さい。, 個人的には、そのステップでアクセスした行数を示す実行統計値が欲しいのですが・・・ sqlのselect文のチューニング方法をお探しではありませんか? 本記事では、select文のチューニング方法をまとめて紹介しております。ぜひ参考にしてください。 そういう時に正しい実行計画をオプティマイザに作ってもらうようにSQLを試行錯誤し変更してチューニングしていく必要があります。なので絶対的な回答はありませんが下記のように手段を増やしていくのは有効な手だと思います。, bindpeekとはバインド変数へ与える値によって実行計画が変動させることです。 自動SQLチューニング・ツール Oracle Databaseには、SQLチューニングに関連するいくつかのアドバイザが用意されています。 手動SQLチューニング・ツール 状況によっては、自動ツールに加えて手動ツールの実行が必要になる場合もあります。 ージャの詳細は、Oracle Database PL/SQLパッケージおよびタイプ・リファレンスを参照してください, SQLチューニング・セットについて, SQLチューニング・セットの作成, SQLチューニング・セットのロード, SQLチューニング・セットの内容の表示, SQLチューニング・セットの変更, SQLチューニング・セットの転送, SQLチューニング・セットの削除, SQLチューニング・セットの目的, SQLチューニング・セットの概念, SQLチューニング・セットのユーザー・インタフェース, SQLチューニング・セットの基本タスク, SQLチューニング・セットの管理, 「図24-1 SQLチューニング・セット」の説明, Cloud Controlでの「SQLチューニング・セット」ページへのアクセス, SQLチューニング・セットへのコマンドライン・インタフェース, 「図24-2 SQLチューニング・セット」の説明, 「図24-3 SQLチューニング・セットAPI」の説明, 「SQLチューニング・セットの作成」, 「SQLチューニング・セットのロード」, 「SQLチューニング・セットの内容の表示」, 「SQLチューニング・セットの変更」, 「SQLチューニング・セットの転送」, 「SQLチューニング・セットの削除」, SQLチューニング・セットの転送について, DBMS_SQLTUNEを使用したSQLチューニング・セットの転送, SQLチューニング・セットを転送するための基本手順, CON_DBIDの値が異なる場合にSQLチューニング・セットを転送するための基本手順, 「図24-4 SQLチューニング・セットの転送」の説明, 「CON_DBIDの値が異なる場合にSQLチューニング・セットを転送するための基本手順」. ただ、連キーを貼るとsisha_idだけで検索があった場合など、 動時に初期化されたメモリー構造に基づいています。メモリー構造およびそれらを表すビューは、インスタンスの存続期間中、Oracle Databaseにより自動的に管理されます。, パフォーマンス・データの収集には自動ワークロード・リポジトリを使用することをお薦めします。これらのツールは、パフォーマンスの分析に必要なすべてのデータを収集するように設計されています。, V$パフォーマンス・ビューを使用して、データベース・パフォーマンスの問題を診断する方法の詳細は、「パフォーマンス・ビューを使用したインスタンスのチューニング」を参照してください, 動的パフォーマンス・ビューの詳細は、『Oracle Databaseリファレンス』を参照してください, データベース・パフォーマンス・チューニング・ガイド, データベース・パフォーマンスの基本, 『Oracle Database 2日でパフォーマンス・チューニング・ガイド』, 『Oracle Database SQLチューニング・ガイド』, 『Oracle Databaseデータ・ウェアハウス・ガイド』, 『Oracle Database 2日でデータベース管理者』, Oracle Database SQLチューニング・ガイド, 「データベース・パフォーマンスの基本」, 「データベース・パフォーマンスの診断およびチューニング」, 「自動ワークロード・リポジトリ」, 「自動データベース診断モニターの概要」, 「パフォーマンス・ビューを使用したインスタンスのチューニング」.