)【危険物の類別】非危険物【商品タイプ】モニタドロア【医薬品医療機器等法】該当なし【コンソール】(KVMスイッチ接続ポート数) コンソールタイプ:N117e・N117b・N119e・N119b、8ポート:-S801・802・803・804・813・814・824、16ポート:-S1601・1602・1603・1604・1613・1614・1624、32ポート:-3201・3202・3203・3204・3213・3214・3224, 【特長】EIA規格19インチラック1Uスペースへ搭載可能な19インチLCDモニター、テンキー付キーボード、トラックボールマウス。4コンソール4ユーザー、16ポートCat6Matrix機能付KVM内蔵。ドングル対応でPS/2、USB接続混載が可能。1人設置用スライドレールは標準添付。UTPケーブル、ドングルは別途購入。日本語キー106キー、USキー104キー【仕様】製品シリーズ:N119シリーズ【質量(kg)】17【ピッチ(mm)】0.294(H)×0.294(W)【消費電力(W)】動作時:KVMスイッチ無し、モデル:最大30、 KVMスイッチ搭載モデル:最大40、 保持時:KVMスイッチ無しモデル:最大2、 KVMスイッチ搭載モデル:最大9【電源】100-200V AC入力 1.5A 50-60Hz自動【表示方式】TFT液晶【外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm)】442×650×44【機能】省電力:VESA DPMS【コントラスト比】1000 : 1【輝度】300cd【表示色】(最大)1670万色【保証期間】センドバック製品保証(製品購入から2年間)【視野角】160°(H)(左右)×160°(V)(上下)(TYP.)【応答速度】Tr=1.3ms/Tf=3.7ms(Typ. 4.カスタムCaffe / Tensorflowモデルからグラフファイルを生成(デスクトップ/ラップトップ上)IntelのSDKを使用すると、カスタムグラフを作成するための合理化されたプロセスがあります。 CaffeとTensorFlowのサポートを提供するmvNCCompileツールを使用します。, mvNCCompile network.prototxt [-w network.caffemodel] [-s max_number_of_shaves] [-in input_node_name] [-on output_node_name] [-is input_width input_height] [-o output_graph_filename], mvNCCompile network.meta [-s max_number_of_shaves] [-in input_node_name] [-on output_node_name] [-is input_width input_height] [-o output_graph_filename], network.prototxt:Caffeネットワークファイルのパス/ファイル名, network.meta:TensorFlowネットワークファイルのパス/ファイル名, -w network.caffemodel:caffemodelファイルのパス/ファイル名, -s MaxNumberOfShaves:ネットワークレイヤーに使用するSHAVE(1、2、4、8、または12)(デフォルト値は1です。この値を使用すると、SHAVEを少なくすることで電力を節約できます。), -in InputNodeNodeName:ここでは、prototxtファイル内の名前と一致する名前の入力レイヤーを指定できます), -on OutputNodeName:このオプションにより、ユーザーは代替ネットワークエンドポイントを選択できます。デフォルトでは、出力テンソルを介してネットワークが処理されます。, -is InputWidth InputHeight:入力形状は重要であり、ネットワークの設計に一致する必要があります。, -o OutputGraphFilename:ファイル/パスが指定されていない場合、「graph」というデフォルトのファイル名を使用しますが、これはあまり説明的ではありません。作業ディレクトリにあります。, NCSのバッチサイズとチャネル数は、それぞれ1と3に設定されます。このチュートリアルの目的のために、CaffeでトレーニングされたSingle Shot Detector(SSD)を備えたMobileNetニューラルネットワークを使用しています。 Adrian Rosebrockは、チュートリアルネットワークでchuanqui305によってMS-COCOデータセットに関するトレーニングを受けたこのネットワークについて言及しています。カフェモデルをMovidius NCSで使用できるグラフファイルに変換するには、次のコマンドを使用します。, mvNCCompile models / MobileNetSSD_deploy.prototxt \-w models / MobileNetSSD_deploy.caffemodel \, 5.リアルタイムオブジェクト検出用のPythonスクリプト(Raspberry Piの場合)サンプルの使用方法の詳細については、Githubリポジトリhttps://github.com/Geo-Trackers/Movidius-NCS-RealTime-Object-Detectionにアクセスしてください。, Pixel Labsの共同創立者(https://www.pixelnetworks.net/pix-agri), 前書きこんにちは!このプロジェクトは、Tactigon Skin(T-Skin)の通信機能の拡張を説明するために設計されています。 Bluetooth Low Energyが提供する距離よりも長い距離で使用できるようにしたいと考えています。 UDPプロトコルを使用するRaspberry Pi Zero Wを使用して、WiFi経由でT-Skinからパーソナルコンピューターにデータを送信する予定です。 BLEモジュールを備えたNodeMCUを使用して、TactigonスキンにWiFiを使用して送信する能力を提供しました。 ハードウェアアーキテクチャ私たちはこのプロジェクトで多くのハードウェアを使用しているため、写真が物事をまっすぐに保つのに役立つと考えました。, Tactigonスキンは、Wi-Fi通信をネイティブでサポートしていません。 BLEモジュールを備えたNodeMCUを使用してRaspberry Pi(RPi)にデータを送信することで、この制限を回避しました。 Raspberryがホストするプライベートネットワークを使用します。これにより、RPiがネットワークアクセスポイントとして使用されるため、パブリックネットワークにアクセスする必要がなくなります。 アクセスポイントとしてRPiを構成する方法については、次のリンクを参照してください。Configure Access Point Mode, ソフトウェアアーキテクチャプロジェクトのインフラストラクチャが定義されたので、コンポーネントの動作を見てみましょう。BLEからUDPノード, BLEからUDPノードT-Skinは、加速度計やジャイロスコープなどのセンサーからデータを収集します。この情報は、BLEを介してNodeMCUに送信するためのパケットを作成するために使用されます。 T-Skinは次のコードを使用してデータを収集します。, 最初に、qMeterおよびqData変数が定義されます。これらのオブジェクトは、T_QUATおよびT_QDataクラスを使用して構築されます。これらの変数は、ジャイロスコープからのクォータニオンデータを保持します。読み取られたデータは、qMeter.getQs()ステートメントで実行されます。次に、個別の変数を使用して、ロール、ピッチ、ヨーの値を保存します。次に、UDP通信プロトコルを使用して、データをRaspberry Pi Zero Wに送信します。, 完全なデータパケットを受信すると、送信用のUDPパケットの作成に使用されます。受信者のポートとIPアドレスを定義すると、データが回線に書き込まれ、パケット送信手順が終了します。接続が失敗した場合にできるだけ早く再接続を試みるようにNodeMCUを構成しました。UDPからVCOM, このシナリオでは、Raspberry Piをガジェットデバイスとして構成しました。これにより、PCはそれをシリアルポートデバイスとして識別し、通信を確立できます。このリンク:Serial Gadget Mode Configurationで同じ方法でデバイスを構成する方法を学ぶことができます。継続的に実行されているPythonスクリプトは、UDPパケットを取得し、Raspberry PiのVirtual Serial Portに送信します。シリアルポートモニタープログラムを実行してPCのCOMポートに問い合わせると、Tactigon Skinによって収集されたデータストリームを確認できます。このシステムの実際の例を次に示します。結論目標を達成し、かなり長い距離にわたってTactigonスキンを使用することができたため、このプロジェクトは成功したと考えています。 WiFi伝送を使用して、通信範囲を3メートルまたは4メートルから40メートル以上に増やすことができました。かなり違います!この方法で通信を実装する場合、2つの主要な制限に直面します。 1つ目は、2.4 GHz帯域を使用した他の信号からの潜在的な干渉です。 Raspberry Pi Zero W Wi-Fiアンテナの最大範囲は、2番目の制限要因です。 LoRaやSigFoxなどの代替LPWANプロトコルを使用して、発生する可能性のある信号の問題を最小限に抑えることができます。T-Skinの距離制限が解消されると、デバイスの機能レベルが大幅に向上します。ロボットデバイスをリモートで制御して、災害後の捜索および救助ミッションで使用したり、人命を危険にさらすことなく解体チームを支援したりできます。, コード RPi_Tactigon_Extender.pyこのコードは、起動時にRaspberry Pi Zero Wで自動的に実行されます。, #!/usr/bin/env python#UDP SERVER CODE#To run this script at boot you have te add the following to the /etc/rc.local file in sudo mode#sudo python /path_to_this_script/script_name.py#before the exit 0 directiveimport osimport sysimport socketimport serialimport time, UDP_PORT = 5000UDP_IP = '192.168.4.1' #IP address of the machine to whick this script will run#small delay to ensure that everithing started uptime.sleep(10), port = serial.Serial("/dev/ttyGS0", baudrate=115200, timeout=0.1), sock = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_DGRAM)sock.bind*1, while *2; Serial.println(); Udp.begin(UDP_Port); //initialize UDP, //if wireless connection drops, try to reconnect to it, //read one char at the time and store it to che progressive 'count' position in the buffer array, //checking for carriage return and line feed chars, //replace carriage return (if for any reasons is present) with whitespace to avoid complications in the buffer processing by the receiver. >m��|���D��G43O'��$Fv&�|/���*��>���C��|=�����D��ʝ{8w�1�(��.�����)1��5X��:@x4�*0t�)���Ty�%��ͳj9H�Tg��Af�A �K+Mb�(�G&:v��g8!c�'�������Zf}ɲ The unique feature Multiconnect allows the users to use USB dongles to make copies for more than one computer at the same time. %%EOF USB switch is the USB hardware for sharing USB devices among computers without networking of those devices. Bluetooth Ver.4.0機器との接続時には更なる省電力を実現しました。 何らかの原因でUSB認証ドングルキーが故障しています。交換が必要となります。 USBドングルキーを挿しているのに「おこ助Pro(3)を起動する場合はドングルUSBメモリーを挿入したうえで〜」のメッセージが出て、何度再試行しても正常に起動しない。 近年ではもっぱらusbに装着する。 usb以前(レガシーデバイス)の時代にはパラレルポート、ないしシリアルポートが使われていた。 コンピュータプログラムの起動時や実行中にドングルが装着されていることをチェックし、装着されていることを検出できない場合 usbドングル(usbスティック)をpcにセッティング。 セッティングは、usbポートに差し込むだけで完了します。 ドングルからトレーナーへの接続は、面 倒なドライバやアプリ、ソフトの類のインストールは不要で す。 後は、zwiftを楽しむだけ! onlineとーきんぐno. HASP、TimeHASP、NetHASP、MemoHASPなどのSafeNetのSentinel HLキーファミリ全体を含むSentinelドングルエミュレータを提供しています。このソフトウェアは、サポートされるプログラムの数に制限を課すことはなく、他のドングルに対して透過的です。 A characteristic of an SDR is that hardware components such as filters, amplifiers, modulators and the like are provided through software. USB System Driver Feature Description Install this driver for use With the Sentinel Superpro or Ultrapro tokens usbドングル「rockey」は、アプリケーションの起動に際して物理的な「鍵」として作動するプロテクターです。社会問題となっているソフトウェアの不正コピーやラインセンスの不正使用を効果的に防止します。 ドングルドライバの更新. ư0!�M��k7!�\��T��E��Yq��p���2'+��cZ|�[�pD�|rN�:}-����{ ���V2����Ǟ��9 �BF USB Dongles can be duplicated in following ways through Donglify: Using Donglify is an outstanding solution when you want to access to a USB security key through remote computer. Hemma. Virtual serial ports, such as those created with Virtual Serial Port Driver (VSPD), as commonly used to enable this connectivity. Windows Helloでの指紋認証に対応。 ドングル対応でPS/2、USB接続混載が可能。ラックマウントブラケット標準添付。UTPケーブル、ドングルは別途購入。日本語キー106キー、USキー104キー【仕様】製品シリーズ:D117シリーズ【質量(kg)】16【ピッチ(mm)】0.264(H)×0.264(W)【消費電力(W)】動作時:KVMスイッチ無し、モデル:最大30、 KVMスイッチ搭載モデル:最大40、 保持時:KVMスイッチ無しモデル:最大2、 KVMスイッチ搭載モデル:最大9【電源】100-200V AC入力 1.5A 50-60Hz自動【表示方式】TFT液晶【外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm)】442×650×44【機能】省電力:VESA DPMS【コントラスト比】1000 : 1【輝度】300cd【表示色】(最大)1670万色【保証期間】センドバック製品保証(製品購入から2年間)【視野角】160°(H)(左右)×160°(V)(上下)(TYP.)【応答速度】Tr=1.3ms/Tf=3.7ms(Typ. 余分なスペースを排除したコンパクトデザインです。 Speed: When using virtual serial ports you can go with the default baud rate of 57,600. 最大100mまで通信が可能です。(理論値) 液体がこぼれた時のために、キーボード裏面から排水できる機能が付いています。(防水・防滴仕様ではありません)【仕様】テンキーあり【適合機種】各社Windows搭載(DOS/V)パソコン※ただし、USBポートを持ち、パソコン本体メーカーがUSBポートの動作を保証している機種。【質量(g)】約520【ケーブル長(m)】約1.4【対応OS】Windows 8・7・Vista・XP【接続方式】有線【寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm)】443×141×27【消費電流(mA)】100以下【動作力】65±5g【キー配列】109+3/日本語(かな付)【キーストローク(mm)】2.4±0.1【キーピッチ(mm)】19【インターフェイス】USB Aコネクタ, 【特長】スライド式USBコネクタを採用したキャップレスデザイン。ストラップホール付き。データ管理ツール「Transcend Elite」をダウンロードすれば任意で暗号化にも対応。【インターフェイス】USB2.0【寸法(mm)】63.6×21.2×10.6【色】ブラック【質量(g)】4.9【キャップタイプ】スライド式, 【特長】USB2.0インターフェースに対応。 個人情報を安全に保護するセキュリティパスとして、左手でも右手でも、どの指でも使用できます。 © 2013-2018 FIX inc. All Rights Reserved. memset(&PacketBuffer, (char)0, 1024); //set all buffer to 0 pinMode(LED_BUILTIN, OUTPUT); //LOW = WiFi connected; HIGH = WiFi not connected digitalWrite(LED_BUILTIN, HIGH); Serial.begin(115200); //BLE serial WiFi.config(ip, gateway, subnet); WiFi.mode(WIFI_STA); //station mode WiFi.begin(ssid, password); Serial.println("IP address: " + WiFi.localIP().toString(. ドングル対応でPS/2、USB接続混載が可能。ラックマウントブラケット標準添付。UTPケーブル、ドングルは別途購入。日本語キー106キー、USキー104キー【仕様】製品シリーズ:D119シリーズ【質量(kg)】17【ピッチ(mm)】0.294(H)×0.294(W)【消費電力(W)】動作時:KVMスイッチ無し、モデル:最大30、 KVMスイッチ搭載モデル:最大40、 保持時:KVMスイッチ無しモデル:最大2、 KVMスイッチ搭載モデル:最大9【電源】100-200V AC入力 1.5A 50-60Hz自動【表示方式】TFT液晶【外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm)】442×650×44【機能】省電力:VESA DPMS【コントラスト比】1000 : 1【輝度】300cd【表示色】(最大)1670万色【保証期間】センドバック製品保証(製品購入から2年間)【視野角】160°(H)(左右)×160°(V)(上下)(TYP.)【応答速度】Tr=1.3ms/Tf=3.7ms(Typ. 00 x. )【危険物の類別】非危険物【商品タイプ】モニタドロア【医薬品医療機器等法】該当なし【コンソール】(KVMスイッチ接続ポート数) コンソールタイプ:N117e・N117b・N119e・N119b、8ポート:-S801・802・803・804・813・814・824、16ポート:-S1601・1602・1603・1604・1613・1614・1624、32ポート:-3201・3202・3203・3204・3213・3214・3224, 【特長】EIA規格19インチラック1Uスペースへ搭載可能な19インチLCDモニター、テンキー付キーボード、タッチパッドマウス。2コンソール2ユーザー、32ポートCat6Matrix機能付KVM内蔵。ドングル対応でPS/2、USB接続混載が可能。1人設置用スライドレールは標準添付。UTPケーブル、ドングルは別途購入。日本語キー106キー、USキー104キー【仕様】製品シリーズ:N119シリーズ【質量(kg)】17【ピッチ(mm)】0.294(H)×0.294(W)【消費電力(W)】動作時:KVMスイッチ無し、モデル:最大30、 KVMスイッチ搭載モデル:最大40、 保持時:KVMスイッチ無しモデル:最大2、 KVMスイッチ搭載モデル:最大9【電源】100-200V AC入力 1.5A 50-60Hz自動【表示方式】TFT液晶【外形寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm)】442×650×44【機能】省電力:VESA DPMS【コントラスト比】1000 : 1【輝度】300cd【表示色】(最大)1670万色【保証期間】センドバック製品保証(製品購入から2年間)【視野角】160°(H)(左右)×160°(V)(上下)(TYP.)【応答速度】Tr=1.3ms/Tf=3.7ms(Typ. 92 exe)がダウンロードフォルダ、または指定したフォルダにダウンロードされます。 virtual pc上のゲストosからはusb機器を認識できません。 SDKのテスト(デスクトップ/ラップトップ)ビルド済みの例をテストするには、次のコマンドを使用します。, これには最大5分かかります。その間、メイクファイルが実行され、Githubからモデルとウェイトがダウンロードされます。それが完了すると、mvNCCompileプロシージャが実行されます。これについては、次のセクションで詳しく説明します。, APIおよびNCS接続が正しく実装されていることを確認する最終テストは、次のコマンドを使用して、事前に作成されたhello_ncs.pyスクリプトを実行することです。.